ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロンリープラネット「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんなとこ?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

106289-01
40年以上の歴史があり、世界シェアNo.1の旅行ガイドブック「ロンリープラネット」(Lonely Planet)。公式WEBサイトで毎年「訪れるべき国・トップ10」を発表し、世界中の旅行愛好者の注目を集めています。
2017年を目前に控え、ついに最新版が発表されました! 1位のカナダに始まり、コロンビア、フィンランドなど有名国が並ぶ中、6位に突如「バミューダ」(Bermuda)という聞きなれない名前が。一体どんな場所なのか、どんな見どころがあるのか、ご紹介したいと思います。

「魔の海域」として有名なバミューダ諸島

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
かつて不思議大好き少女だった筆者は、船や飛行機、またはその乗務員のみが消えてしまうという魔の海域「バミューダ・トライアングル」というミステリーにからめて、その名前を聞いたことがありました。バミューダ近海は岩礁や浅瀬が多いために、船が岩礁に接触や衝突して事故が起きやすいことから「魔の海域」という不名誉な呼び名がついてしまったようです。

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
実際のバミューダは、カリブ海にある諸島でイギリスの海外領土。ニューヨークから東へ飛行機で2時間ほどというアクセスの良い場所ですが、同じくニューヨークから大型船で行くクルーズの旅なども様々な旅行会社が提供しているようです(日数などの諸条件は、旅行会社により様々)。これぞまさしく、リゾートの旅が楽しめそうですね。

ロマンチックなピンクの砂浜

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
バミューダでの見どころは、何をおいてもその美しいビーチです。数あるビーチの中でもとりわけ有名なのが、バミューダ島サウサンプトン(Southampton)という場所にあるホースシュー・ベイ・ビーチ(Horseshoe Bay Beach)。ここは、なんと砂浜がピンク色なんです!

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
実はバミューダ島は、サンゴの堆積によってできた島。「砂浜がほんのりピンク色に輝く、世界の絶景ビーチ」でも紹介されましたが、このホースシュー・ベイ・ビーチはサンゴの含有率が高く、そのせいでサンゴの色であるピンクに見えるのだとか。なんともロマンチックですね!

■あわせて読みたい

砂浜がほんのりピンク色に輝く、世界の絶景ビーチ
何色のビーチが好き?パントーンカラーで表現された、世界の美しいビーチ

ダイビングで沈没船探検!

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
ビーチばかりでなく、バミューダは海の美しさも格別です。前述のように近海は岩礁が多いため、海底にはたくさんの沈没船が横たわっています。そのため、地元の様々なダイビング・スクールが沈没船ガイド・ツアーを企画しているのだとか。まるで冒険映画のようで、聞くだけでワクワクします。

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
ダイビングができなくても、ジェットスキーで難破船に近づくこともできるそう。これも楽しそうです。

美しい鍾乳洞「クリスタル・ケイブ」

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
探検できるのは、海だけではありません。ハミルトン・パリッシュという場所にある「クリスタル・ケイブ」(Crystal Cave)で鍾乳洞探検はいかがでしょうか。この全長500メートル、高さ62メートルの鍾乳洞が発見されたのは1905年。近くで遊んでいた2人の12歳の少年が、転がっていったクリケットのボールを探している際に発見したのだとか。まるで冒険映画のようなエピソードですね!

移動はレンタル・スクーターで

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
(写真はイメージです)

そのように自然の美しさが観光資源のバミューダは、環境保護にも力を注いでいます。そのため、バミューダにはレンタカーがありません。かといって公共交通機関が発達している訳ではないので、観光客はもっぱらレンタルバイク(スクーター)を移動の足にしています。バミューダ諸島の面積は、一番大きなバミューダ島でもわずか39平方キロメートルしかありません。スクーターでも問題なく島の端から端まで動ける距離なのです。

ちなみに、バミューダで「バイク」(bike)というとスクーターを指しますが、仮に自転車をレンタルしたい場合は「ペダル・バイク」(pedal bike)と指定しなくてはいけないのでご注意を。

建造物や街並みも負けていない!

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
もちろん自然ばかりではなく、建造物の見どころもあります。バミューダ島東部のセントジョージ(St.George)という街は、「バミューダ諸島中最初に定住が進められた町」としてユネスコの世界遺産にも登録されています。

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
パステルカラーの可愛らしい街並みをスクーターで移動したら、車での移動とは異なった視点で観光できそうです。

Lonley Planet版「2017年に行くべき国Best6」のバミューダってどんな国?
バミューダの魅力、いかがでしたでしょうか。温暖な気候のバミューダ島は通年観光できるそうですが、ベストシーズンは5月から10月だそうです。2017年の旅先候補としていかがでしょうか。

[Best in Travel 2017 Top Countries]
[Explore Bermuda’s 500 years of history]
[All Photos by shutterstock.com]

■あわせて読みたい

ロンリープラネット直伝!「史上最高の旅の知恵」6選
【ロンリープラネット2016年イチオシ!】ボツワナってどんなとこ?
ロンリープラネット「ベスト・イン・トラベル」に富山湾がランクイン!

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。