ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【プリン男】プリンを毎日食べる男 / 終夜灯たまごプリン

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

プリンを毎日食べる男(プリン男)が、プリンを食べてプリンをレビューします。今回は、南麻布にある和食『終夜灯』(読み:あかり)の “たまごプリン” を試食してレビューいたします。はたして、 “たまごプリン” の味の評価はどんなものに!? 動画も観つつ、お読みください。

■味
いわゆる大手メーカーの大量生産型プリンではなく、ケーキ屋にあるような手作りタイプである。そんななかでも、けっこう濃厚な牛乳と卵の風味を堪能できる、高級感あふれる味になっている。

■食感
まったり、もっさりとした、濃厚なクリームやムースを食べているかのような食感である。かんてん質のような食感はまったくなく、プリンが固まっているというより、かなり濃いムースが容器に詰まっているといった表現がピッタリである。

■幸福感
量は少量ながら、その濃厚な風味と食感の力によって、かなりの満足感を得られるプリンである。あまりに繊細なそのプリンは、繊細でありながら大胆な味のドラムを舌の上で叩くことだろう。


キレイな『YouTube』で観たいのですね。わかります。
もっとキレイな『eyeVio』で観たいのですね。わかります。
やっぱりワイワイ『ニコニコ動画』で観たいのですね。わかります。

■総評
6個で1300円ほどするため割高感があるかもしれないが、6で割るとひとつ200円程度なので、コンビニのちょっと高いプリンと、さほど価格は変わらない。そう考えると、非常に味とコストパフォーマンスがバツグンのプリンといえる。とにかく、より多くの人に “たまごプリン” の濃厚さを体験してほしい。しかし、このプリンを作った『終夜灯』の料理人が、現在もプリンを作っているとは限らない。一度、購入前に確かめてみるといい。

甘味……やや甘い
苦味……やや苦い
価格……妥当な値段
総合……とても美味しい
星評価……★★★★
 
 
■スイーツ関連情報はこちらからどうぞ
南麻布『終夜灯』オフィシャルホームページ
【トレビアン】お菓子じゃ無い!? “スイーツ(笑)”ってなに?(livedoor News)
プリンに関するこんなクチコミ情報があります(関心空間)

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。