ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋冬の飛騨高山・白川郷などの旅行に!地元民に聞いた【岐阜の鉄板お土産】7つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

岐阜の隣県である富山に暮らす筆者。飛騨や白川郷を中心に、郡上、美濃、大垣、関ケ原など今までに何度も訪れていますが、そのたびに「お土産は何を買っていこうか」と迷っていました。岐阜で鉄板のお土産と言ったら何なのでしょうか?


そこで今回は岐阜に在住、あるいは岐阜出身の友人知人たちに、岐阜と言えば外せないお土産を教えてもらいました。

その中で共通して選ばれたお土産を、主に紹介したいと思います。この秋冬に岐阜を旅行する人は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

1:恵那川上屋の『栗きんとん』


(C)恵那川上屋/facebook

最初は恵那川上屋の栗きんとん。今回の調査で「とにかく断トツにおいしい」というコメントも多かったほど、岐阜では外せないお土産だとか。

地元の栽培農家が土づくり、剪定(せんてい)作業から始まって、保管、水洗い、搬入に至るまで徹底してこだわったブランド「超特選恵那栗」が原料。その栗を使って、1964年創業の恵那川上屋が、1つずつ手作業で作る栗きんとんになります。

岐阜県恵那市の本店はもちろん、岐阜市の高島屋、人気観光地である高山市の宮川朝市の入り口、名古屋の星が丘テラス、東京世田谷の二子玉川でも買えます。

なかなか岐阜にいけないと言う人は東京や名古屋で、買い求めてみてもいいかもしれませんね。

2:つちやの『柿羊羹』


(C)御菓子つちや/facebook

次は1755年に創業の老舗・槌谷(つちや)の『柿羊羹』が挙げられました。同店の4代目が1838年に作り出したお菓子で、岐阜県で最高と言われる渋柿の干し柿を、ようかんにしています。

「竹に入ったパッケージもいい」、「定番でしょ」、「大垣の誇りです」などの声もあった岐阜のお土産。コメントの中の大垣とは岐阜県の自治体で、つちやの俵町本店がある場所ですね。

このようかんは雰囲気あるパッケージも魅力で、真っ二つに割った竹に干し柿色のようかんが詰まっています。サイズ感も見た目も、お土産としては適していますよね。

筆者も何度か食べた経験がありますが、もちろん味も一級品。干し柿の濃密でしっとりとした甘みが、ようかんの食感と絶妙にマッチして、とてもおいしいです。

今回話を聞いた人の中には、好きすぎて自分でレシピをまねて作ったという強者も居ました。もちろん出来栄えは到底、及ばなかったと言いますが・・・。

岐阜県の大垣市内や岐阜市などの直営店で買えます。もちろんインターネットでも買えますが、せっかくなら現地に遊びに行ったついでに購入したいですね。

■あわせて読みたい

岐阜旅「舞妓さんに逢える町家かふぇ」でお座敷遊びを楽しんでみた
【世界遺産】雪のない集落もいい。白川郷・五箇山の朗らかな緑に癒される
飛騨高山で飛騨牛を食べるならここ! グラム単位で注文、コスパ最強山武商店

3:『鶏ちゃん(けいちゃん)』と明宝特産物加工『明宝ハム』


(C)Masayoshi Sakamoto

次はスイーツを離れて、岐阜県民納得のソウルフードを紹介します。『鶏ちゃん(けいちゃん)』と明宝特産物加工の『明宝ハム』ですね。

独自のタレに漬け込んだ鶏肉と、豚肉100%のプレスハムになりますが、どちらも岐阜県民の生活に深く根差した食べ物。

『鶏ちゃん』はもともと下呂や郡上の家庭料理で、卵を産まなくなった家の鶏を、貴重な食肉としていただいたところから始まるのだとか。その後に県内の飲食店で出されるようになり、その名が広がっていったといいます。今では幾つかのブランド(会社)から、類似商品が出ています。


(C)Masayoshi Sakamoto

一方の明宝特産物加工『明宝ハム』は、昭和28年に誕生して以来、岐阜県民に親しまれてきたプレスハムです。豚のもも肉だけを使った独自の製法で、お中元などにも送られるのだとか。サイズも手ごろですから、旅のお土産にも使えますよね。

実際に食べてみましたが、から揚げにした『鶏ちゃん』は納得の味、『明宝ハム』も適度な塩加減とぎゅっと肉の詰まった感じのする歯ごたえが良かったです。

どちらも県内高速道路のサービスエリアなどに置いてありますので、買い求めやすいはず。各地の食堂でも食べられます。まずは試食してから買ってもいいかもしれませんね。

以上、岐阜県民が太鼓判を押す鉄板のお土産を紹介しましたが、いかがでしたか? 

他にも大垣市の金蝶園総本家『水まんじゅう』と田中屋せんべい総本家『田中屋のみそ入大垣せんべい』、岐阜市の玉井屋本舗『登り鮎』を推す声もありました。ぜひとも参考にしてみてくださいね。

■あわせて読みたい

岐阜旅「舞妓さんに逢える町家かふぇ」でお座敷遊びを楽しんでみた
【世界遺産】雪のない集落もいい。白川郷・五箇山の朗らかな緑に癒される
飛騨高山で飛騨牛を食べるならここ! グラム単位で注文、コスパ最強山武商店

[Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP