体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ以上の感動ナシ!絶景・演出・スケールが揃った「印象・劉三姐」 

これ以上の感動ナシ!絶景・演出・スケールが揃った「印象・劉三姐」 
Photo Credit:Misaki Iguchi「20歳!Wild Beauty Girl!!世界一周へ!」

Photo Credit:Misaki Iguchi「20歳!Wild Beauty Girl!!世界一周へ!

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
今回は中国広西チワン族自治区、陽朔の町で見た「印象・劉三姐」を紹介します。これは陽朔の町に位置する自然を舞台にした広大な規模の音と光のショー。人の手で創り出される最新の技術と大自然の調和、そして少数民族を多数エキストラで出演させるという大胆な演出は百聞一見にしかずです。

陽朔の町とは?

その素晴らしいショーの舞台は中国広西チワン族自治区の町陽朔。陽朔の町は桂林の有名な観光名所、漓江下りの折り返し地点になる町で通常のツアーでは宿泊はしません。私たちはあえて陽朔に宿泊し、奥桂林と呼ばれる絶景を堪能しました。

上記の写真のように町のどこからで奇岩が見え、むしろ奇岩に囲まれている町と言えるような場所です。この町で中国の有名な映画監督・チャン・イーモウ(張芸謀)プロデュースの幻想的な野外ショーが毎夜行われます。

Misaki Iguchi「20歳!Wild Beauty Girl!!世界一周へ!

印象・劉三姐とは?

Photo Credit:Yuichi Kudo「印象・劉三姐(りゅう・さんじぇ)奥桂林・陽朔の街 一生忘れられない思い出」

Photo Credit:Yuichi Kudo「印象・劉三姐(りゅう・さんじぇ)奥桂林・陽朔の街 一生忘れられない思い出
美しい山水画の世界をそのまま自然の舞台とし、さらに伝説の歌手「劉三姐」を融合させた大掛かりなショーの舞台は、2キロにわたる漓江水域とその背景にある12の山で構成されています。

その自然の舞台に国内最大規模の照明技術、音響、演出効果を加え、さらにエキストラとして出演する600名ほどの地元の漁民、少数民族の娘たちが華を添えます。600名…、すごいです。実際に見てみてあまりのスケールに声も出ずでした。

Yuichi Kudo「印象・劉三姐(りゅう・さんじぇ)奥桂林・陽朔の街 一生忘れられない思い出

漓江下りも忘れずに

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会