ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清貧イメージあった胡耀邦氏の孫娘のセレブ生活に失望の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1987年初めまで中国共産党総書記を務めた胡耀邦氏の孫娘が居住する香港の豪華マンションが空き巣の被害に遭い、現金や高級時計など総額230万香港ドル(約3500万円)相当を盗まれていたことが分かった。

 胡耀邦氏は1986年末から1987年初めにかけての中国の学生による民主化要求運動に理解を示したとして総書記を解任。そのまま党政治局員に留任したものの、1989年4月に政治局の会議中に心臓発作で死亡。高潔な人物として知られており、その死を悼んだ学生らの追悼運動が天安門事件のきっかけとなった民主化要求運動に発展した。

 しかし、その胡氏の孫娘が他の高級幹部子弟と同じように香港に移り住み、多額の現金などを所持していたことで、失望の声がネット上で流れている。香港紙「リンゴ日報」が報じた。

 胡氏の孫娘は胡知鵞さんで、43歳。胡耀邦氏の長男、胡徳平・元党統一戦線部副部長(次官級)の長女。イギリスのケンブリッジ大学卒業後、スイスの金融機関に入り、香港支店に勤務し、そこで夫の曹少山氏と知り合い結婚。曹氏は香港に拠点を置く中国の投資銀行「河山国際資本集団」の会長を務めている。

 胡さんらは2003年に香港の高級住宅街、浅水湾(リパルスベイ)のマンションを1380万香港ドルで購入していた。現在の売値は5200万香港ドル(約7億5500万円)とほぼ3倍近く価値が上がっている。

 胡さん夫妻の空き巣の被害は現金が60万香港ドルと10万中国人民元、米ドルとユーロ紙幣を合わせて60万香港ドル相当、および100万香港ドル相当の高級時計と、総計230万香港ドルに上っている。

 このニュースを知った市民からは「あの胡耀邦の孫娘が香港に住んでいるだけでも驚きなのに、しかもケンブリッジを出て、外資系企業に入り、高級マンションに住み、多額の現金と高級時計を所持しているなんて、まったく胡耀邦のイメージにそぐわない。全く成金で残念」などの失望の声が寄せられている。

【関連記事】
アリババ総帥240億円豪邸購入 天津爆発犠牲者に寄付をの声
香港で108億円の史上最高額不動産売り出し 1平米5000万円
香港 不動産価格の上昇を受けて億万長者の増加率が世界一に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP