ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杖型デバイスを振るだけ、中空にフルカラー画像が浮かび上がる「Trickstick」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“利便性”とは関係ないけれど、「Trickstick」というデバイスが何だか面白そうだ。手に持つタイプの“POV (Peristence of Vision、残像)”ディスプレイで、左右に振ると中空に映像が浮かび上がる……というもの。まるで魔法のワンドのよう!

それこそデバイス本体は杖のような形状をしていて、ボタンが2つついているだけのシンプルさ。使い方もとても簡単だ。

・スマホのカメラロールから好きな画像を選ぶ

まず、スマートフォンで写真を撮影し、専用アプリ(iOS/Android対応)にアップロードする。好きな写真を選んだら、Bluetoothでデバイス本体と通信。そして、デバイスを左右に振ると……あら不思議、空中にカラーの映像が出現するのだ。

・フルカラーの128ピクセル画像、高速表示を実現

1.5mmの画素間隔、128LEDピクセルの高解像度24ビットのフルカラー画像は、見た目も美しい。75マイクロ秒ごとにライン表示が可能で、60fps(Frames Per Second、フレームレート)という、動画並みの高速表示を実現した。

・バッテリーは再チャージ可能

内蔵の加速度計によって、どれだけの速さで振られているのかを検知し、正確なタイミング、方向、レートで画像を表示する。マイクロUSBを通じて再チャージ可能なバッテリーは長寿命。

友だちと遊んだり、ホームパーティ、コンサートやイベントで活用したり。使い方次第で楽しさは無限に広がる。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受付中で、早期予約価格99ドル(約1万600円)のものは早くも売り切れ。109ドル(約1万1700円)~でプレオーダーできる。

Trickstick

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP