ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インドの流行音楽を最新ボリウッド映画から探る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。11月25日(金)のオンエアでは、“ボリウッド映画”と呼ばれる南アジア・インドのヒンディー語映画の、最新音楽を特集しました。

■シャンカル=イフサーン=ロイ、ヌーランシスターズ「Hota hai」

まず1曲目に紹介したのは、10月にインドで公開されたばかりの歴史ドラマ大作「ミルジア(Mirzya)」のサントラ。映画は、北インド、パンジャーブ州に伝わる中世の恋愛映画を題材にして、過去と現代を行き来するストーリー。「主演俳優は男女共、新人ですが音楽陣は超豪華です!」(サラーム海上、以下同)

都会的なポップスを得意とする3人組プロデューサーチーム、シャンカル=イフサーン=ロイや、ポップスターのダレル・メヘンディなどがサントラを担当。平均的なボリウッド作品の2倍以上の全15曲の新曲を投入しています。

番組では、このサントラからもう1曲。ダレル・メヘンディが歌う、パニャーブ民謡調の曲「Mirzya」もお届けしました。ダレル・メヘンディは、カラフルなターバンを頭に巻いてヒゲ面で丸顔、小太りなキャラクター。「インドのパパイヤ鈴木と呼びましょうか。真面目な曲も彼が歌うとコミカルに聞こえてしまう、貴重な存在です」とサラーム。ボリウッド映画音楽にはなくてはならない存在だそうです。

■アルマーン・マリク&ニーティ・モーハン「Sau Aasmaan」

こちらは9月に公開されたSF系恋愛映画「バール・バール・デコ(何度でも見て)」からの1曲。「こうしたEDM歌謡は、アメリカや日本だけでなく、現在のボリウッド映画でも主流になっています。世界中にEDM歌謡をまとめていくのもおもしろいかもしれません」

■パラーク・ムッチャル「Prem Ratan Dhan Payo(プレーム兄貴、お城へ行く)」

10月に東京・大阪で開催された「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン 2016」でも上映された、ボリウッド界の“キン肉マン”こと、サルマン・カーン主演の「プレーム兄貴、お城へ行く」から、映画のタイトルソングにもなっている曲。

「この映画は庶民の味方、サルマン・カーン主演の作品だけに、1人2役の勧善懲悪ストーリーというベタベタな感じです。豪華絢爛のダンスシーンなど古き良きボリウッドを再現するような作風で、2015年のインド映画の興行収入第2位となっています」

年間に2,000本以上も制作されるボリウッド映画。その流行は数カ月ごとに変わるそうなので、そこに使われている音楽を聴けば、インドの最新ミュージックシーンも知ることができそうですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP