ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人ニキビの治し方。間違ったスキンケアは悪化の原因!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人ニキビの治し方。間違ったスキンケアは悪化の原因!<br />

若さの象徴とされるニキビですが、実際には大人になっても悩まされるものですよね。すぐ治るものもあれば、なかなか消えずにひどくなっていくニキビもあります。思春期のニキビと違い、一度ひどくなると跡が残りやすくなるのが大人ニキビ。厄介な大人ニキビについてご紹介しましょう。

大人ニキビの原因はストレス

思春期のニキビと大人ニキビ、言葉の上では分類されるけれど、どちらも皮脂が分泌されすぎて炎症が起きる点では同じなんです。でもなぜ皮脂が過剰分泌されるのか、その原因は思春期のニキビと大人ニキビで異なります。思春期のニキビは成長に伴ってホルモンバランスが不安定となることが原因です。一方、大人ニキビの主な原因はステレスとされています。精神的なストレスはもちろんのこと、食生活の乱れや睡眠不足、便秘なども体へのストレスとなり、その結果ホルモンバランスが崩れ皮脂が多く分泌されるようになり、ニキビができやすくなるのです。

進行すると色が変わる白・黒・赤ニキビ

できたニキビはどうのように変化していくのでしょうか。最初は「白ニキビ」、毛穴に皮脂が詰まって白っぽく見える状態から始まります。白ニキビが進行すると「黒ニキビ」へ、皮脂を覆っていた皮膚の膜が破れて、皮脂が表面に現れ酸化して黒くなります。さらに進行すると「赤ニキビ」となり、ニキビ菌が繁殖して炎症が起こり、ひどくなると膿を持つようになります。

大人ニキビ対策は毎日の肌ケアを見直すことから

大人ニキビは男性・女性にかかわらず誰にでもできます。しかし女性にできやすく、しかもできてしまったニキビは治りにくいんです。なぜなら女性は化粧をすることで肌を覆ってしまい、また化粧を落とす際に間違ったスキンケアをしてしまうことがあるからです。

化粧はその日のうちにきちんと落とすことが大切です。ただし洗顔やクレンジングをする際に、頑張りすぎて肌を強くこすったり強い洗顔料を使うのは注意。肌に刺激を与え大事な油分まで落としてしまい、肌の角質層が荒れて皮脂が詰まりやすくなってしまいます。洗顔料はしっかり泡立ててやさしく洗うようにしましょう。なるべく落としやすいメークをすることも対策のひとつとなるしょう。

それから化粧水や乳液、美容クリームを使いすぎると逆に肌の乾燥を招きます。肌が吸収できる水分の量は決まっています。だから過剰にケアをしてしまうと結局これらは蒸発してしまい、その際、肌に含まれる水分まで一緒に外に出てしまうからです。

知らずに間違ったケアを続けているとニキビができやすくなるだけでなく、ニキビができた時にも治りにくくなってしまいます。ニキビができてしまった時は、肌に刺激を与えないようにし、気になってもニキビを潰さないようにしましょう。無意識のうちに頬杖を付いて手がニキビに触れていたり、髪の毛がニキビを覆うのも悪化する原因となります。また紫外線はニキビを悪化させる恐れがあるので避けるようにします。炎症がひどくなり赤ニキビがなかなか治らない場合は、ニキビ跡を残さないためにも放置せずに、早めに皮膚科医に相談しましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP