ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の風邪に!話題沸騰「はちみつ大根シロップ」を試す人が続々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

民間療法「はちみつ大根シロップ」は健康&美容にも◎

江戸時代からの民間療法として知られている「はちみつ大根シロップ」。
ここ最近では、風邪症状以外にも美容効果が期待できると話題です。
今回はとても簡単にできて保存が効く「はちみつ大根シロップ」のレシピをご紹介します。
よかったら作ってみてください。

 

材料は2つだけ♪一晩漬けるだけで完成!!

■材料(200ml瓶 1個分)
・大根…1/4本
・はちみつ…適量
*好みの分量を作ってください。

 

カギは浸透圧!大根は小さめにカットしよう♪

■作り方
① 大根は皮をむき、1cm角のサイコロ状に切る。
② ①を保存ビンに入れ、大根の半分の量のはちみつを注ぐ。
③ ふたをして常温で一晩おく。大根から水分が出てシロップ状になれば完成。
■ポイント
・はちみつは大根の半分まで注ぎましょう。
大根から水分が出ますので、完成するとちょうど大根がかぶる量のシロップになります。はちみつは大根がかぶるぐらい入れてもOKですが、濃厚に作っておくと、保存が効きます。
・漬けた大根に浸かる程度のお酢を注ぐと、甘酢漬けとして食べられます。柑橘類で香りをつけると美味しいです。
★飲み方
・「はちみつ大根シロップ」を3~4倍の水やお湯、紅茶、炭酸水、ジュースで割って飲む。
■「はちみつ大根シロップ」の2つの効用
・大根の消炎作用
大根の辛み成分であるイソチオシアナートには、白血球を活性化し細菌の力を弱めるほか、大根のおろし汁には咳止めや痰を切る効果があります。
・はちみつの殺菌効果
はちみつには、殺菌作用があり、風邪の細菌増殖を抑える働きがあります。
いかがでしたか。
「はちみつ大根シロップ」は自然素材で作るので、子供の風邪や薬が飲めない妊婦さんにもおすすめですよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。