ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今月のわたしの指名買い! デザイナー・細野由季恵さんの自分へのご褒美とは

  • ガジェット通信を≫

家事と育児をこなしつつ、立派に働いているワーキングママたち。そんな彼女たちは、どのように仕事と子育てを両立しているのでしょう? そして、そんな彼女の“自分へのご褒美”とは…?

テレワークで仕事ができるので、育児と仕事のバランスが取りやすい

4歳の息子さんと1歳半の娘さんがいらっしゃるという、細野由季恵さん。現在は、紙媒体やWEB媒体でデザイナー・ライターとして活躍されています。そんな細野さんですが、出産前は書籍の編集のお仕事をされていたのだとか。

「美大卒業後、デザイン系の出版社にエディターとして勤務していました。なのですが、長男を授かりまして、入社してからわりとすぐに退職したんです。長男が1歳半になり、保育園に入園してからはママ系のWEB媒体でフリーランスのライターとして記事を書かせていただいたりしていました。そのときお世話になった編集スタッフさんやライター仲間とのつながりで、ママのクリエイター集団『クリエイティブマムズリンク』に携わらせていただき、現在に至ります」(細野さん・以下同)

「クリエイティブマムズリンク(以下、マムズリンク)」とは、現在細野さんがディレクターを務めている、デザイナーやエディター、カメラマン、イラストレーター…など、フリーランスのママクリエイターが所属するクリエイティブ集団。インターネットを駆使したテレワーク(在宅ワーク)スタイルで主に業務を行い、ママの本来のニーズにあった“はたらきかた”をクリエイティブしているそうです。デザイナーとしての仕事を始めたのも、マムズリンクがきっかけだったとのこと。

「仕事の幅を広げたいと思い、大学のときに少し学んだ『Illustrator』や『Photoshop』のスキルを活かして、デザイナーの勉強を始めたんです。マムズリンクのネットワークで、デザインについて教えてくださる方もいて、とても恵まれていました。現在は日々勉強しながら、デザインのお仕事を行っています」

ふたりのお子さんの育児をしながら、勉強・仕事をするのは大変そう…。毎日、どんなペースでお仕事をしているのですか?

「21時ぐらいには就寝して、朝は3時〜4時ぐらいに起きます。朝食を作る前にちょっとした事務仕事などを行って、子どもたちを保育園に送り出した9時ぐらいから17時のお迎えの時間までが、本格的な作業時間になりますね。自宅でお仕事できることが本当に助かっています。通勤義務があったら会社に通うのに時間を取られますし、今のように満足に仕事ができていないと思いますから…」

マムズリンクは案件ごとにフリーランスのクリエイターを集めてチームで作業するスタイル。テレワークで作業できるので、お子さんと過ごす時間もしっかり取れて、今のお仕事スタイルに助けられているそうです。

「普通のフリーランスだったとしても、今のようにお仕事するのは難しかったはずです。子どもの突然の発熱など、100%フリーランスだったらどうしても仕事の〆切が守れなくなってしまったり、依頼自体を断らざるをえなかったりするときがあると思うんです。一度断ると、もうそこから仕事の依頼がなくなる…なんてこともざらにあります。だけど、マムズリンクに入っているとメンバーにお仕事を振り分けたり、アクシデントがあっても相談できたりするので、安心なんです。物理的にもメンタル的にも、すごくありがたいです」


牛乳瓶集めにハマっています

そんな細野さんが、今月自分へのご褒美に購入したアイテムは、“牛乳”です。

「北海道出身のせいか、小さい頃から牛乳が大好きで……。いろんなところのご当地牛乳を購入して、その瓶を収集するのが趣味なんです(笑)。先日は実家に帰省したので、北海道の牛乳をいろいろ買ってきました。おいしいですし、瓶がとってもかわいいですよね! この中だと、オススメは『養老牛放牧牛乳』。うま味とコクがハンパないです!」

普段は、百貨店やアンテナショップ、高速道路のサービスエリアなどでご当地牛乳を購入することが多いのだとか。

これまで集めた牛乳コレクションをお披露目できるようなサイトを制作するのが、目標だそうです。

細野さんの牛乳コレクションの数々。こちらは地元・北海道に帰省した際に、購入した牛乳たち

また、動物モチーフのキュートなアクセサリーも購入されるそう。

「大学時代の友人がジュエリー作家なんですけど、彼女が作ったアクセサリーが大好きなんです。一風変わった動物モチーフのものが多くて、すごくかわいいんですよね。新しいものが出ると、すぐ買っちゃいます!」

細野さんのお友だちのジュエリー作家が手掛けるブランド「Ramiko」のジュエリー。動物モチーフがメインで、どれもかわいらしい。テナガザルのジュエリーは珍しいかも!?

「Ramiko」

「デザイナーとしてはまだまだ勉強中の身なので、自分のスキルが足りなくて落ち込むこともあります…」という細野さん。そんなときのストレス解消方法は、自分が好きなものを買ったり、お子さんと思いっきり遊んだりするとのことです。

「スカッとしたいときは、子どもと一緒に大好きなアーティストのミュージックビデオ(

MV)を観ながら踊っています! 最近は、BABYMETALのMVで踊っていますよ(笑)。

正直、社会人経験が浅く、出産してほぼフリーの状態で仕事復帰をすることがとても不安でした。でもマムズリンクとの出会いもありましたし、本当に出産してよかったと思います。以前は“デザイン系の本を作りたい!”の一辺倒で仕事をしていましたが、子どものおかげで視野が広がりました。今はいろんなことに挑戦してみたいです!

目を輝かせながら、仕事への情熱を語ってくれた細野さん。これからも育児に仕事に、パワフルにがんばってください!

※2016年9月に取材したものです。

(プロフィール)

細野由季恵【ほその・ゆきえ】

デザイナー、ライター。美術大学卒業後、デザイン系の出版社に編集者として入社。出産を期に独立し、デザイナーに。ママによるクリエイター集団「クリエイティブマムズリンク」に所属しながら、デザイナー・ライターとしての活動の幅を広げる。

クリエイティブマムズリンク

Facebook

「Ramiko」

取材・文/遠藤麻衣(verb) 撮影/島村緑

関連記事リンク(外部サイト)

着心地楽ちん、ラインもキレイ☆に進化中 ブラジャーのサードウェーブが到来!
老舗音響メーカーが本気で作った!「ポータブルヘッドホンアンプ」がすごい!
CROCS的な大ヒットの予感? 着せ替え自在なMUMMY SHOESがかわいい!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP