ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蓋・ファスナー・ドア すぐ開けたいのに開かぬ苛々解消術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 師走に向かい、何かと忙しいシーズン。急いでいる時にかぎって、いろんなものが開かなくなることってありませんか? 例えば、調味料の小袋、缶やビンのふた、布に食い込んでしまったアウターのファスナーに使い古したドア…。困った時に知っていれば慌てず対処できる。「開けるテクニック」を、その道の達人が直伝!

「ビンのふたを開封しようとして、10分格闘したが開かず、結局ペンチでこじ開けた」(48才・専業主婦)、「ダウンのファスナーが布をかみ、友人を待たせてしまった」(38才・会社員)、「雨の日、大量の買い物を抱えて帰ってきたら、鍵が開かず、業者が来る1時間、外で待ち風邪をひいた」(60才・無職)など、開かずに困る人は多い。ただでさえ忙しい時期だけに、小さなトラブルも避けたいものだが、なぜこうなるのか?

 調味料など食品の小袋が開かない原因を、料理研究家の今別府靖子さんはこう分析する。

「切れる部分を見極めず、力任せに開けると開けにくくなり、容器が壊れて手間が増えます」

 また、洋服のファスナーなどに関して、『マジックミシン』の窪田洋子さんは言う。

「ファスナーを無理に引っ張ったり、布をかんだ時に力任せに引っ張ると布地にダメージを与えます。慌てず優しく引いて」

 その他、ドアや網戸などについて、『カギの修理屋さん』の藤田政昭さんは以下のように語る。

「大掃除の時などは特にドアの周りにモノを置き、ドアノブが動かなくなるなどの“閉じ込め”事例が多発します」

 特に冬場は手がかじかみ、開けにくさも増すが、開けるポイントを知っていれば焦らなくてすむ。コツを参考に、開かない女を卒業して!

◆食品編

 開封が料理の仕上がりを左右することもあると、前出・今別府さんは言う。

「パウチ型の調味料の場合、“ここで入れればおいしくできる”というタイミングがあります。ですが、開封できず、その瞬間を逃してしまうと、仕上がりが台無しになることもあるんです」

 開かない時は、はさみを使えばいい、という声もあるが。

「食品は、液状や粉末でもベタつくものが多いので、はさみについてしまい、そのままにしておくと切れなくなることもあり、はさみを洗うのも面倒です。それに、はさみがどこにあるか、わからなくなることも多く、探すだけでイライラすることもありますよね」

 キッチンからイライラを追い出すには、開けるコツを知ること。これで、料理や食事の快適さは倍増する。

◆服&バッグ編

 洋服やバッグで開かない、といえばファスナー。前出・窪田さんは、特に注意したいのがダウンだという。

「ダウンは裏地が薄く2~3年すると裏地が伸びファスナーに当たりがち。かまないためには、ファスナーが裏地から離れるようにアイロンをかけておいて」

◆ドア編

 この時期増えるドアのトラブルについて、前出・藤田さんはこう語る。「大掃除の時期は玄関ドアの鍵が回らない事態が急増します。これは、掃除の際などにドアの下に紛れ込んだ小石などを挟んだまま鍵をかけたことが原因です。ほとんどの場合、体全体でドアを押しながら鍵を回すと開きますよ」。

 網戸などが開かなくなる原因は他にもある。「戸の上下の車輪が経年劣化している場合が多いですね。ホームセンターや管理組合で付け替え相談を」(藤田さん)。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
兵庫のゆるキャラ 御法度の「ファスナー開き」目撃情報多数
尿素を使って熱中症対策!自家製「ヒエヒエ・パック」を作る
ドアを開けるとYURIちゃんがネギ持って立っているなんて……

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。