体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Yahyel『Flesh and Blood』interview

B

最初に思ったのは、2016年に生まれるべくして生まれたコスモポリタンな音楽が鳴っているということだ。匿名性を重んじ、日本人アーティストというギミックを徹底的に剥ぎ、あるいは暗闇で覆うビジュアルやライブのライティング。ポストダブステップ以降のベースミュージックやインディR&Bを経由したモダンなミニマリズムとメロウネスをただならぬ緊張感でコーディングしたサウンド。一方で、ブルースをルーツに持つボーカリストのスモーキーなボーカルと底知れぬ怒りをはらんだ内省的なリリックを担保しているのは、タフな人間力だ。彼らのプロジェクト名であるyahyel(ヤイエル)とは、ニューエイジ思想家であるダリル・アンカが発案した2015年以降に人類と初めてコンタクトを取る異星人の呼称である。1stアルバム『Flesh and Blood』は、コスモポリタンな音楽で世界中のリスナーと交信しようとするyahyelが最初に掲げる、血と肉だ。ボーカルの池貝峻、サンプラーの篠田ミル、シンセサイザーの杉本亘、VJの山田健人がインタビューに応じてくれた。

——いきなり下世話な話のようでホントに訊きたいと思っていて。yahyelにとってピコ太郎みたいなハネ方で海外に届くのって一番ないパターンだと思うんですけど。

一同「(笑)」
篠田ミル「僕、ピコ太郎の『音楽』についていろんな人たちが説明しようとして失敗しているのを見てずっと思っていたんですけど、あれってただのYouTubeにおけるインターネットミームのひとつにすぎないですよね。PSYの『江南スタイル』以降、Drakeの『Hotline Bling』のカバーが流行ったり、いろんなダンスチャレンジが流行ったりするのと同じで。だから、なんで日本人はみんなこんなに日本の『音楽』が流行っている!って大騒ぎするんだろうって」
杉本亘「そこはミルくん、さすがの視点だよね」
篠田「YouTube野郎としてのね(笑)」
池貝峻「あれは音楽っていう文脈じゃないですよね」

——でも、全米ビルボードでトップ100云々とかフィーチャーされると、日本人の音楽として認識される側面もあるわけで。ピコ太郎に罪はないけど、そこで文化的に損なわれる何かはあると思うんだけど。

池貝「ホントそう思います。僕はその損なわれた部分がすごく悲しいですね。ただ、あれは日本というギミックですらないとは思うんですけど」
篠田「海外の人は日本人だとわかってないんじゃない?」
池貝「おおまかに捉えたアジア人像って感じだよね。見た目から付与されるアジア人のギミックを利用した芸で。それを日本人が喜んでるのが疑問というか」
篠田「そこだよね」
池貝「もちろん、彼があの芸でメイクマネーすることはいいんですけど、受け手は自分たちにこういうアイデンティティが付与されているということにあまりに無関心じゃないですか」

——そういうもんだと思ってるというか。

池貝「僕はそこに無自覚すぎるのがつらいし、悲しい」

2 C

―—あとはもうひとつ、そことは別ベクトルで日本語のまま海外でも躍動しているKOHHというラッパーがいて。彼がフランク・オーシャンの新作『Blonde』のZINEバージョンに付属されたCDに参加(「Nikes」)したことは2016年の大きなトピックです。海外のライブ映像を観ても客層はジャポニズム的なギミックを求めてる人たちという感じではなくて、真っ当にヒップホップが好きでファッションに感度の高い人たちという印象がある。その人たちがフロアでKOHHのバースを合唱しているというのはなんとも痛快な画だなと。

池貝「素晴らしいと思いますね」
篠田「うん、素晴らしいね」
池貝「僕らがやろうとしていることとは別のアプローチで、ちゃんと自分のアイデンティティと正面から向き合った表現をしていると思うので。KOHHさんと面識があるわけではないのでわからないですけど、『VICE JAPAN』のドキュメンタリー(https://www.youtube.com/watch?v=Pn36uJvwIvA)を観てもそう思ったし。そういう表現が海外でも受け入れられてるのは素直にカッコいいと思う」
篠田「なんでヒップホップだけこんなに進んだのかなと思うんですよね。ヒップホップはKOHH以前に韓国のキース・エイプが欧米でも注目されて、KOHHが出ていく土壌が準備されていたと思うんですけど。なぜそこで欧米のリスナーは非英語のラップに抵抗がなかったのか。まあ、僕らは抵抗があること自体に疑問を持っているんですけど」

——ヒップホップの場合はビートとフロウのオンタイムな気持ちよさが最大のキーポイントなのかなと。

池貝「だから、音のプラットフォームだと思うんですよね。音の文脈をちゃんと踏んでいる」
篠田「MVも然りね」
杉本「僕らが英語の歌やラップをカッコいいと思うのと同じように、向こうの人も日本語の歌やラップをカッコいいと思う可能性は絶対にあるわけで」
池貝「そこであえて僕らが英詞にしてる理由が明確にあって。まず、僕が個人的に思っていることを言語レベルで広く伝えたい。そのうえで思うのは海外の人が日本に来たときに日本人と距離感を保たなきゃいけない理由がいくつかあると思うんですよ。ステレオタイプのイメージに付与された日本人像にとらわれすぎて『この人種はクールじゃない』と距離をとる人もいると思いますし、『ロスト・イン・トランスレーション』的な日本語をまったく話せないからという理由の距離のとり方もあると思う。でも、僕には個人的に心からわかりあえていい話ができる海外の友人がいるので。それを音楽でやればいいと思っていて。一方で、それをやらずして海外で受け入れられているKOHHってすげえなって思います。これが音楽じゃなかったら『WHY?』って言われるようなことを日本語で言ってるわけじゃないですか。そういう意味でもヒップホップってデカいですよね。yahyelのようなフォーマットだともうちょっと寄り添わないといけないというか、表現していることがもっと染み込んでいかないといけないと思うんですよね。音楽性として突き放しているところは突き放しているんですけど、深層真理を語っているから染み込んだときに痛いみたいな、そういう表現だと思うので」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。