ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MUCC、20周年に向けて2017年1月に待望のニューアルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MUCCが2017年1月25日にニューアルバムをリリースする事が、11月25日に開催された『DANGER CRUE PRESENTS「COMMUNE Vol.2」』初日のZepp Tokyo公演にて本人たちの口から発表された。

気になるアルバムタイトルは『脈拍』。20周年を迎え、更にその先へと向かっていく、彼らの歩みを表すようなタイトルとなった。

収録曲は読売テレビ・日本テレビ全国ネット系『金田一少年の事件簿R』のオープニングテーマ「故に摩天楼」、そしてMBS/TBS系TVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』のオープニングテーマ「CLASSIC」を含む全14曲。シングル「ハイデ」「CLASSIC」から引き続きアルバム全体のプロデュースをKen(L’Arc~en~Ciel)が務めた。

初回盤DVDには、この為に録りおろしたアルバム『脈拍』への想いと20周年へ向かうにあたっての心境を語ったメンバーコメントとレコーディングのドキュメンタリー映像、更には先日MUCCの地元である茨城県水戸市で行なわれた野外Fes「MITO GROOVIN’2016」の模様も収録されている。また初回生産限定豪華盤は60Pの写真集が同梱されたアートブック付きスペシャルパッケージとなっており、3000セット限定というプレミアムな仕様に。完売必至なのでぜひ予約してゲットして欲しい。

アルバム『脈拍』
2017年1月25日発売

【初回生産限定豪華盤】(CD+DVD+Art Book)

AICL-3266~3268/¥6,920+税

※3000セット限定販売

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)

AICL-3269~70/¥3,800+税

【通常盤】(CD only)

AICL-3271/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

全14曲入り

※「故に、摩天楼」(読売テレビ・日本テレビ全国ネット系「金田一少年の事件簿R」オープニングテーマ)、「CLASSIC」(MBS/TBS系TVアニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」オープニングテーマ)収録

■初回盤DVD

1.アルバム『脈拍』への想い、20周年へ向かう心境を語るメンバーコメント&レコーディングドキュメンタリー映像

2.野外Fes「MITO GROOVIN’2016」映像

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP