ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?

これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録する取り組み。長い歴史の中で観音霊場として人々に親しまれてきた清水寺の本質を見つめ、その想いを未来へとつなぐための活動だ。

その一環であるInstagramは、現在15万8,000人ものフォロワーを抱える人気アカウント。開創して約1200年。世界遺産にも登録されている格式のあるお寺が、SNSを駆使しているというギャップも個人的には興味を駆り立てられる。

厳選された、32枚。

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

さて、本題に。

現在、清水寺の夜間特別拝観に合わせて、そのFEEL KIYOMIZUDERAプロジェクト初の写真展となる「INSIGHT」が開催中。

テーマは「内から見た清水寺」。これまでのアーカイブから厳選した32枚を境内の経堂に展示しているという。写真そのものはもちろん、会場の雰囲気自体も荘厳なものになっていそう。

では、ここから展示作品の一部を紹介していこう。

01.

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

02.

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

03.

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

04.

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

05.

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

06.

「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

ちなみに、このたび清水寺限定1,000部の写真集「INSIGHT」も制作。価格は3,800円(税込)。

京都の紅葉は、まさに今が見頃。直に見るそれももちろん美しいけれど、あえて写真で楽しむ清水寺の秋も、さぞ上質なはずだ。「内から見た清水寺」をテーマとする写真展が開催中。夜の特別拝観と合わせて楽しみたい。

【概要】
INSIGHT
・会期:12月4日(日)まで
・会場:音羽山清水寺 経堂(京都府京都市東山区清水1 丁目294)
・時間:9:00〜16:00、18:00〜21:00(受付終了20:30)
・料金:無料
・公式HP:http://feel.kiyomizudera.or.jp/insight/

Licensed material used with permission by INSIGHT

関連記事リンク(外部サイト)

総再生回数3億回のダンサーが、世界遺産「清水寺」で踊る!
【1ヶ月限定】瑠璃光院の紅葉が「幻の絶景」と呼ばれる理由とは?
京都・高台寺で開催!妖怪が出現するプロジェクションマッピング(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。