ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の乾燥肌対策はこの方法で!冬でももっちり肌をキープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから寒くなって空気が乾燥してくる時期。それなのに通年を通して同じスキンケアをしていてはいけません。冬の肌に合ったスキンケアを今からしっかりしておけば、冬だってプルプル美肌で居られるだけでなく、いろいろなメイクアイテムが出てくる春が楽しみになること間違いなしです。

冬の肌に絶対欠かせないのは「保湿」

冬は空気が乾燥するため、お肌の乾燥も進んでしまいます。もっちりした肌を保ちたいなら、保湿は欠かせません。保湿をしないまま冬の乾燥した空気にさらされると、慢性的な乾燥肌になってしまう可能性もあります。お肌がカサカサでは、せっかくのキレイな顔も台無し。何が何でも「冬のスキンケアは保湿が第一」と覚えておきましょう。お肌の表面だけでなく、奥の方までしっかりと保湿しましょう。奥が乾いていると皮脂の分泌が多くなってしまいます。

冬の保湿は3ステップで!

しっかり保湿するために、3つのステップでスキンケアをしましょう。

ステップ1:角質ケアで化粧水の浸透を高める

お肌に角質が溜まっていては、せっかくの化粧水も浸透していきません。週に2~3回は角質ケアをしてあげましょう。角質ケアをした後は念入りに化粧水を塗ってあげることも必要です。

ステップ2:化粧水はたっぷり使うのが◎

化粧水をケチっていては、お肌の隅々と奥の方まで保湿をすることはできません。高級な化粧水を使う必要はありません。バシャバシャ使っても心が痛まない程度の値段の化粧水を使いましょう。化粧水に美容オイルをほんの少し混ぜて使うとお肌への浸透力がアップします。

ステップ3:最後は保湿力のある乳液でお肌にフタを!

化粧水で潤したら、最後は必ず保湿力のある乳液を使いましょう。たっぷりと使うことで、油分がお肌に浸透して水分の蒸発を防ぎ、さらに乳液に含まれる水分も浸透していきます。乾燥が激しいときは、入浴後だけでなく、就寝前の2度塗りもおススメですよ。

冬のお肌に必要な栄養素はビタミンC!

ビタミンCには、シミやシワのもとになるメラニンの生成を抑える働きがあり、美白効果があると言わられています。紫外線対策は夏に必要なのでは? と思うかもしれませんが、冬こそしっかり紫外線対策をしておきたいのです。夏の強い日差しを浴びたお肌は、奥にメラニン色素が作られてしまっています。これを放置しては、将来のシミ・シワの元。それに冬の日差しは弱いと思っても、意外と紫外線は多いんですよ。冬は温かいものを食べることが多いので、熱に弱い特徴があるビタミンCは摂取しにくい季節です。ミカンなど生のフルーツをしっかり食べて、しっかりビタミンCを摂ってくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP