体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当は怖いブルーライト!? 体に与える影響と対策ガイド

本当は怖いブルーライト!? 体に与える影響と対策ガイド
ここ数年で話題になることが多くなったブルーライト。仕事でパソコンを使うことが多い人にとって、気になるワードかと思います。

今回はブルーライトが与える影響とその対策について紹介していきましょう。

要チェック項目

□ブルーライトは紫外線に近い性質を持つ

□目への負担はもちろん、睡眠にも影響する

□実はまだ本格的な研究が始まって年数が浅い

ブルーライトとは

一般的に私たちが光と呼んでいるのはすべて「電磁波」です。そしてその電磁波の中でも、波長によってその光の呼び方を変えています。

大きく分けたものだと波長が400~700ナノメートルのものを「可視光線」、波長が700ナノメートルよりも大きいものを「赤外線」、400ナノメートル未満のものを「紫外線」といった感じです。

そしてさらにこれを細かく分けた時、波長が380~500ナノメートルのものがブルーライト呼ばれます。私たちの角膜や水晶体は普段350~800ナノメートルの波長を透過させます。

つまりブルーライトは私たちがみることができて、かつ紫外線にかなり近い波長をも持つ光ということですね。

普段使うものの中でも、パソコンのLEDディスプレイやスマートフォンなどから発せられる光にはこのブルーライトが多く含まれています。

つまり私たちは知らず知らずのうちにブルーライトをたくさん目に取り込んでしまっているのです。

ブルーライトが目に与える影響

ディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や体に大きな負担をかけてしまいます。特に角膜・網膜への負担はすさまじく、視力低下の大きな要因となってしまうこともあります。

角膜・網膜それぞれの特徴や役割は以下の通りです。

角膜

目の最も外側を覆っている組織です。目の中で最も傷がつきやすい箇所であり、ここが傷つくと様々な障害を引き起こしてしまうこともあります。

ですがその傷を修復するメカニズムも持っているため、目にとっては非常に重要な器官です。

角膜の働きは、目から取り込んだ光を屈曲させて、網膜に集束させることです。外から入ってきた光は、一度角膜で屈曲した後、さらにもう一度水晶体で屈曲し、網膜の中心部分(黄斑)で結合します。

網膜

ではその光の集まる部分である網膜にはどんな役割があるのかというと、入ってきた光を脳に伝えるということです。網膜に入った光は視細胞で電気信号に変換され、視神経を経由して脳へと届きます。

つまり普段私たちがちゃんとものを見ることができるのは、角膜から取り込んだ光が網膜に集められ、それを網膜がちゃんと脳に届けてくれるからです。

なのでこの重要な2つに負担がかかると、目の疲れ、ひいては視力の低下ということにもつながっていきます。

ブルーライトは睡眠にも影響する!?

さらにブルーライトには睡眠に影響するということも最近になって研究されてきました。

人間の目には明るい場所を色で感知する「錐体」と、暗いところで物を見る「桿体」という機能があったのは以前から分かっていたのですが、

2002年になって新たに「ガングリオンフォトレセプター」と呼ばれる細胞が発見されたのです。

このガングリオンフォトレセプターは「ものを見る」という行為に対してはなんの役割も持っていません。「ブルーライト」に対してだけ反応します。

実際に視力のないマウスに照射実験を行ったところ、目は見えていないはずなのに光に対する反応が起きていたのです。

そして研究を重ねていった結果、このガングリオンフォトレセプターはブルーライトに反応して、とあるホルモンを出すこということが分かりました。

そのホルモンとは「メラトニン」、人が睡眠をとる際に非常に重要な役割を果たしているホルモンです。

体が眠くなるタイミングの寝る時間の1~2時間前から分泌されはじめ、眠りに3時間ほどで分泌量がピークを迎えるのが特徴。

そしてこのメラトニンが増えている間は深い眠り、いわゆるノンレム睡眠に入ります。ノンレム睡眠の間は数少ない脳が休むことができる時間で、疲労を回復させるためには重要な時間です。

しかし寝る前などにスマホやパソコンを触ってブルーライトが目に入ってしまうと、それをガングリオンフォトレセプターが感知し、メラトニンを増加させてしまいます。

すると本来メラトニンがピークになるはずのタイミングで逆にメラトニンが減少してしまい、深い睡眠に入れなくなるのです。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。