ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リサイクル紙製の自転車用ヘルメット「EcoHelmet」は折りたたみ可能、しかも安い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

事故の際に我が身を守ってくれる、という認識は広まっているものの、着用者は意外に少ないのが自転車用ヘルメット。理由の一つは、持ち運びがしにくいからだろう。

ならば、携帯するのに邪魔にならず、かつお手ごろ価格のものを、と商品化に向けて準備中なのが「EcoHelmet」だ。

・雨でも3時間まで大丈夫

米国のデザイナーによるEcoHelmetの特徴は3つ。まず1つは、名称にある通り、エコであることだ。リサイクル紙を材料としている。

紙製だと雨のときが心配になるが、EcoHelmetは生物分解できるコーティングを施していて、3時間までなら雨の中でも使用可能とのこと。

・蜂の巣構造でたためる

2つめの特徴が、折りたたみ可能であること。蜂の巣状の構造になっていて、両サイドから圧縮すると平らな状態になる。

そして3つめの特徴は、超がつく低価格であることだ。リサイクル紙を原料としていること、またできるだけ多くの人に使ってほしいという気持ちから、小売価格は550円程度を予定しているという。

・欧州の安全基準をクリア

もちろん、ヘルメットで一番大事なのは安全性で、この点、すでに欧州の安全基準をクリアしているとのこと。

ちなみに、開発者は特に自転車のシェアリングに活用してほしいとの思いがあり、シェアリングステーションなどで販売できればと考えているようだ。

このEcoHelmetは「ジェームズ・ダイソン・アワード 2016」の最優秀賞を受賞している。

EcoHelmet

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP