ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【TABIZINE自由研究部】日本人の情緒について<2>世の中の見え方はその人の情緒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【TABIZINE自由研究部】調べる、考える、まとめる、伝える。

夏休みの自由研究のように、心惹かれることについて、じっくり調べてみる。考えて、試行錯誤し、また考えて、まとめて、発表する。TABIZINEにもそんな場がほしいと思い【TABIZINE自由研究部】を発足しました。部員ライターそれぞれが興味あるテーマについて自由に不定期連載します。

筆者の連載では、常々不思議に感じていた、そして実は根拠のない自信にもつながっていると思われる「日本人の情緒」について考えていきたいと思います。


今回は、日本が世界に誇る天才数学者、岡潔氏の言葉と照らし合わせながら、情緒について考えていきます。岡氏は、数学者でありながら、情緒や教育について独自の研究を重ね、多くの名随筆を残しました。

世の中の見え方はその人の情緒そのもの


>(「心といのち」p195より)

たしかに、世の中の風景や出来事は、見る人の視点や気分により印象が変わります。ある人にとっては人生を変えるほど衝撃的だった風景が、ある人にとっては日常の風景であったり。忙しいときは気にとめなかった通勤路の花を、ある日ふと、「しみじみといい」と感じたりします。


つまり、見る人の情緒により、いろいろなものが風流にもなるし、つまらなくもなる。その見え方は、見る人の心の色どりそのもの。岡氏も、色どりという言葉をよく使っています。

>(「日本のこころ」p71より)

>(「数学する人生」p81より)

筆者も、連載第一回「【TABIZINE自由研究部】日本人の情緒について<1>色気ある空気の国」で、「情緒」という言葉を翻訳サイトで変換した「Emotion」は、ぴったりの言葉ではないと感じていました。

次のページでは、他国在住のライターに尋ねてみた答えをご紹介します。

■あわせて読みたい
【TABIZINE自由研究部】日本人の情緒について<1>色気ある空気の国
【TABIZINE自由研究部】自然の葉っぱで納豆は作れる?
【TABIZINE自由研究部】ドライトマト出汁deだいたい(大体・代替)和食

改めて、「情緒」を表す外国語について聞いてみる


さらに、フランス在住のTABIZINEライター、北川さんにもお聞きしてみました。

Emotionはどちらかというと、個人の内から湧き出る感情に近い言葉なんです。私はフランスの大学院の卒業論文で「日本映画に見る戦後の日本人のアイデンティティ」というテーマを扱ったのですが、情緒などの日本人特有の感情や雰囲気はどういったものかというのを説明しなければなりませんでした。

「もののあはれ」など、情緒を表す言葉ってフランス語にはないんですよね。フランスにはない美的感覚なので、日本特有の情緒ある風景や情緒豊かな描写などに惹かれるそうです

アメリカ在住のTABIZINEライター、トゥルーテルさんにもお聞きしてみました。

emotionというのは、喜怒哀楽のようなはっきりした感情を表す語ですよね。だから辞書で言うところの「微妙な感情」にはそぐわず、違和感を覚えられたのだろうと思います。

それより私がもっとしっくり来るのは、sense「知覚」とかfeeling「感覚」とかtaste「好み」などです。「雰囲気」に寄せるなら、atmosphereとかmoodでもいいかもしれません。どれか一つ! と言われたらsenseかなぁと思います。厳密に情緒を表す単語はないかもしれませんね

やはり、なかなか1つで言い表せる単語というと、難しいようです。だからこそ、その感覚が海外から不思議がられるのだと思いますが、岡氏の言葉に、気になるものを見つけました。


彼は、日本人の価値判断が昔の人と明治以後で180度違う、それは海外の価値判断が入って来たからだと言います。

>(「日本のこころ」p198より)

戦中、戦後を生きた岡氏にとっては、日本人の価値観が失われていくさまを見るようで、危機感を抱いたのだと思います。


しかし、現代を生きる筆者から見ると、明治以後も日本人の根っこに、まだこの価値判断は残っているように感じるのです。だからこそ、NOと言えない日本人、あいまいな日本人、他国のものをいとも容易く受け入れ加工してしまう日本人であるのではないでしょうか。そもそも、相手を否定しなければいけない必要性が、情緒的にわからないのです。

もちろん、ビジネスシーンでは岡氏の言うところの明治以後の価値観が加速しています。インターネットやSNSが発達して、ますますその傾向は強まっているようにも見えます。そんな中で、窮屈そうにしている人々、何か違和感を感じている人々は多いのではないでしょうか。そしてそれは、日本人の情緒からくる違和感なのではないかと思うのです。

岡氏は言います。「人の中心は情緒である」と。次回はその部分をもう少し掘り下げていきたいと思います。

■あわせて読みたい
雨の日にメールや会話で使いたい、情緒漂う美しき日本語
今日の絶景ヒトコト【41】雨の日は青がより青く見える
今日の絶景ヒトコト【44】雨の日の寺はいい

[All Photos by shutterstock.com]

参考文献
「心といのち」岡潔著/大和出版
「日本のこころ」岡潔著/講談社
「情緒と創造」岡潔著/講談社
「岡潔集 第一巻」岡潔著/学習研究社
「春宵十話」岡潔著/角川ソフィア文庫
「数学する人生」岡潔著、森田真生編/新潮社

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。