ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「先生!もう頭出てます」「こっちも出ます」妊婦3人がほぼ同時出産!満月の日曜日はあなどれない…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が出産した日、37週と5日。それは満月の日でした。

破水してしまった私は、24時間たっても陣痛がつかない状態だったため、促進剤を使うことになりました。

朝7時から促進剤を点滴し始めた時、「陣痛室」には妊婦は私一人。

そして初産ということもあり促進剤もなかなか効いてこないままお昼ご飯をパクパク。

正午、少し痛くなっていたな~と思っていたところに陣痛の始まりつつある妊婦さんが入ってきました。

その方も初産ということで、なかなか陣痛も進まず、隣のベッドで「う~ん、う~ん」というくらいでまだ余裕。

そこへ、出産間近である経産婦さんが入ってきました。

「ひ~ひ~ふ~」と上手に陣痛を逃がし、30分くらいで分娩室へ・・・・

そして「おぎゃ~」と出産していきました。

さすが経産婦さん、早い!という感じでした。 関連記事:新月の神秘!出産ラッシュで会陰を縫合中にまさかの放置!先生行かないで〜!

私ともう一人の初産の人が陣痛のピークを迎えた午後5時ころ、もう一人の妊婦さんが入ってきました。その方も陣痛がピークのようで「う~う~う~」と唸ってます。

この時点で「陣痛室」に妊婦3人。

陣痛はかなり痛かったのですが、私は叫ぶのが恥ずかしいため必死に堪えていました。

そんな中、その二人の妊婦さんの声が凄くて凄くて。

「もう嫌~、死ぬ~、」

「わぁ~、う~、わ~」と大きな声が部屋中に響き渡る状況。

二人の妊婦さんは、ナースコールを押しまくり状態。

そのため、私の検診はいつも後回し状態でした。

そして、午後7時。

私もついに、後回しの検診と陣痛の痛みに耐えられず、「もう、ここで産む~!」という勢いでベッドの上で力を入れてしまっているくらい切羽つまった状態に・・・

主人が見るに見かねて看護士さんに無理やり検診を頼んだところ、もう出産できる状況とわかり分娩室へいく事になりました。

ただ、それは私だけでなく、もう2人の妊婦さんも一緒の状況だったのです。

そんな状況の中、実は日曜日であったため、先生はたった一人。

もう、3人とも同じくらいの進みだったので、看護士さんも先生もアタフタアタフタ・・・

「先生!こちらもう赤ちゃん頭でてます!」

「先生!こっちももうでますよ!」

「先生、こちらもです。どの方から取り上げます?」

「あ~これは、ほとんど同じタイミングになりそうだな・・・」

こんな会話を聞きながら「ひ~ひ~ふ~」と私。

大変なんだろうけど、私もそれどころじゃないくらい大変な状態。

先生はそれぞれの助産師さんと話しながら三人の妊婦の分娩台を行ったり来たり・・・

そして、午後八時、3人ともわずか3分差くらいで出産したのです!

そして、そして、なんと「陣痛室」には新たな妊婦さんが2人。

産後の処理中に先生と看護士さんがポツリと

「ああ、今日は満月だったのか」と・・・・・

うつろな意識の中で「ああ~、満月の日に出産する人が多いって、本当なのかもな~」と身をもって体験した一日でした。 関連記事:私を守ってくれた「実母の勘」。満月で大混雑の産院、出産後に陣痛以上の激痛が…?!

著者:やむやむ

年齢:34歳

子どもの年齢:2歳と生後3ヵ月

やんちゃな2歳長男と、笑顔が可愛い0歳長女の子育て育休中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

男性不妊の治療、待望の妊娠。自分の子なんて想像もできなかった私が父になった日
前駆陣痛から始まった出産。
出産直後はとにかく安堵の一言…。退院前日の先生の言葉に「私は母になった」と涙

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP