ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香取慎吾「15年後も大下(容子)さんとスマステ続けたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 15年間生放送を続けてきた「スマステ」こと「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)。さぞ大変だったのでは? と思いきや、「17才頃から10年くらい『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で1週間に1度の生放送を経験して下地があったので、初めから『生放送をやるのか!』みたいな気負いはなかった」とサラリと語る香取慎吾(39才)。

「今よりも若かったからあまり深く考えていなくて、単純に番組を持てたことが嬉しかったんです。続けてこられた秘訣は、スタッフのおかげじゃないかな(笑い)」

 自分は1週間に1度、スタジオに来るだけだから…と、照れ隠しのように言いながら「紹介するVTRが多いので、それを作るスタッフの方が大変」と気遣う。

「最初は“こんなことやりたい!”って、ガンガン言っちゃってたんです。若さゆえの勢いで(笑い)。『英語を勉強したい』と言って『ベラベラステーション』の企画ができたんだけど、今は自分のやりたいことなんて、怖いから逆に言えない。15年番組をやってきて、自分のタイプ的に自ら発するよりも、スタッフが作ってくれたものを、ぼくが伝える方がいいと思うから」

 さまざまな仕事があるなかで、スマステはどんな場所なのか?

「スマステは“生活の一部”という感覚がすごくあるんですよ。毎週土曜日のほぼ同じ時間にスタジオに来て、始まりと終わりの時間も決まっていて、生放送が終わったら『お疲れさま』と言って帰る場所。ぼくは会社勤めをしてないから、ここが唯一のルーティンの場所なんです。ホームみたいな感じ!」

 さて、今後のスマステは…?

「16年目も気持ちは変わらずにルーティンのままで、スタッフを信じて、スタッフに任せて(笑い)。小さな進化と絶対的なマンネリで番組をやっていきたいですね。次の15年後は54才か~…。その時も、ぼくがやっていることもそうですけど、大下さん(大下容子アナ)と一緒に番組を続けていられたらいいですね!」

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
最後のいいとも忘年会でタモリ このパワーは必ず集結したい
鼻持ちならぬタイプ多い説あるテレ東女子アナ 大江麻理子は別
生放送バラエティが難しい理由は多数 そこにタモリの凄さあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP