ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ『グッディ!』で佐藤愛子と安藤優子の未放送会話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈今、全国で話題になっている1冊のエッセイがあるのをご存じですか? 『九十歳。何がめでたい』。このキャッチーなタイトルは、10万部売れればヒットといわれる中、発売からわずか3か月で43万部突破。〉

 こんな紹介で始まった『直撃LIVEグッディ!』(11月10日放送)の佐藤愛子さん(93才)インタビュー。

 キャスターの安藤優子さん(58才)の質問に答える形で進んだインタビューには、本書と同様、佐藤さんの金言が詰まっていた。

 若い頃、元夫の3500万円の借金を、執筆料や講演料によって完済。それは佐藤さんが返す必要のないものだったが…。

「お金を借りて返さない方が悪いに決まってるじゃないですか。私がいちばん嫌だったのはね、借金を払わずに逃げるでしょ。そうして街を歩いていたら電車に借金取りが乗っていたり、道で歩いてきたのと出くわすと、ちょっと逃げるじゃないですか。そういうふうに暮らすのが嫌だという。正々堂々と生きていきたいというのは、いつも思っていることなんでね」(佐藤さん、以下「」内同)

 高橋克実さんの、つい子供を甘やかしているんじゃないかという悩みに対しては――。

「私は自然体がいいと思うんですよ。理屈でもって考えるのはやめたほうがいい。大体親はね、理不尽なものなんですよ。叱ったり、命令したり、それによって子供は鍛えられたんです。世の中は理不尽で充ち満ちているわけですから。だけど今の親は理不尽じゃないから、子供が弱い人間にできていると思います」

 そして安藤さんは、テレビに出ていると、いい人に思われようとしてしまうと悩みを吐露。

「職業上、それはしょうがないんですよ。私は大衆に向かって、読者に向かって何か書くってことはないんです。自分で『こう思う』ということを書いているだけ。それに対して反対する人がいたら、勝手に反対してりゃあいい。共感を持つ人がいれば共感してください、と」

 テレビという、広く大衆に向けたメディアで仕事をする安藤さんと、作家として生きてきた自分。そこには違いがあって当然。だから、あなたは今のままでいい、そうエールを送った。

 実は放送されなかったが、このやり取りには続きがあった。佐藤さんはこんなふうに話した。

「組織の中にいて、いい人でいるのをやめて好きなことを言ったら、あいつ生意気だといわれて、滅びますよ。世間って、そういうものです。私がこうして生きてこられたのは、作家だから。滅びようと滅びまいと、ひとり。だから気軽に物が言えるんです。

 でも、安藤さんは違う。周囲の人を気にしなきゃいけない、ひとつの責任がある。あなたが滅びちゃ皆が困るわけですよ」

 放送で、とりわけ大反響だったのは「親は理不尽でいい」という、巷に並ぶ子育て本などとは正反対の子育て論。「子供への接し方に悩んでいたが、もっと自然でいいと思えてホッとした」「自分が子供にした理不尽が許された気持ちになった」など、共感の輪が広がった。

 安藤さんはスタジオで、「親が怒る時には、親が正義だと私たちは思うんだけど、実はすごく理不尽な理由があったりするわけですよね。例えば親同士のけんかであったり。でも、何かわからないんだけど、子供は子供なりに学ぶというのが、佐藤さんの子育て論だと思うんですね」とインタビューを振り返った。

 相談した高橋さんは「おっしゃる言葉が全部“なるほど”って心に刺さりますね。世の中に出たらそういう(理不尽な)ことばかりじゃないですか。それをどう伝えたらいいんだろうと思っていましたが、自分が示せということなんですね」と得心が行った様子。

 カンニング竹山も「やはり親が理不尽というのはすごく納得いきますね。よくわからずに怒られたり、よくわからずにぶん殴られたりしていましたから。それでも一応真面目に生きていますからね。だからやっぱり必要なことなんでしょうね」と賛意を示した。

 即ち、理不尽な親でいいのだ。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
小沢一郎氏に秘書として10年仕えた男性がその体験を綴った本
『叱られる力』刊行の阿川氏 厳父に散々叱られながら育った
『モヤさま』伊藤P 若い時は上司の理不尽さ経験しておくべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP