ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 トランプと一番乗り会談の安倍首相は「日本の誇り」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、アメリカ大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏と会談した安倍首相について、お話を聞きました。

 * * *
──ドナルド・トランプ氏が大統領選に勝利し、最初に動いたのは日本の安倍首相でした。世界の首脳のなかでは一番乗りでトランプ氏と会談した安倍首相についてどのように見ていますか?

高須:本当に素晴らしかったと思う。僕はトランプさんを全面的に支持するけど、世の中的には警戒されている。アメリカでは反トランプのデモも起きている。メディアだって、トランプさんに対して懐疑的な姿勢だよ。つまり、トランプさんと仲良くすると、世界から反感を買うかもしれないっていう状況なわけだ。

 言ってみりゃあ、そのへんの政治家なら、とりあえずヘタに動かないほうがいいかも…って思うはずだけど、安倍さんは違った。世界中で誰よりも早くトランプと会談をしたんだよ。これは本当にすごいこと。トランプがどんな人間なのか、どんな考えを持っているのかを、いち早く自分で確かめに行くっていうのは、何よりも正しい行動だと思う。仮にトランプがとんでもない人だったとしても、日本の国民のためになるなら、身を削ってでも取り引きをするっていうことだからね。それをいちばん最初にやった安倍さんは、国際社会でももっともっと評価されるべきだと思う。

 いやあ、本当に素晴らしい。安倍さんの素早い動きと、世間の妙な噂にだまされない姿勢は本当に日本の誇りだと思う。

──たしかに、日本政府はトランプ氏に対して、すごくフラットな姿勢ですよね。

高須:そう。菅官房長官も10月には、安全保障担当の大統領補佐官になるフリンさんと会談をしているんだよね。世間的には、ヒラリーさんが勝つって言われていた時期に、ちゃんとトランプ側とつながりを持っていたっていうのは本当にすごいし、流れがちゃんと読めている証拠。正直、菅さんのことを見直しちゃったよ(笑い)。

──もし日本政府がマスコミの予測のように「ヒラリーが勝つ」と決め込んでいたら、こうはならなかったでしょうね。

高須:ちょっと前なら、メディアが都合のいいデータばかりを並べて、世論を動かすっていうこともできたけど、今はもうSNSの時代で、メディアが人々を動かせなくなっているんだよ。安倍さんや菅さんはそれをしっかり見極めることができていた。大したもんだ。

 商業メディアが世の中を牛耳る時代はもう終わりだね。トランプが勝ったのは、SNSによる革命だよ。僕は、テレビも新聞もあんまり見ないツイ廃じいさんだから、この結果は見えていたけどね(笑い)。

──そんななか、アメリカ国内ではトランプ氏の大統領就任に対して、反発もありますが…。

高須:でも、トランプが選挙で勝ったことで、株価も上がってるんだよ。反対している人はいるけど、経済は上向きになっている。アメリカ国民が本音としてトランプを歓迎していることは数字で表されている。選挙で負けた後に騒いでいるのは、単なる愚民だよ。

 それに「トランプが勝ったらアメリカから移住する」なんて宣言していたセレブたちが、いろいろ言い訳を考えて、全然移住しないらしいじゃない。いやあ、みっともないね。ヒラリーさんのことを支持するフリをしていただけなんじゃないのかな? ヒラリーさんに対して筋も義理も通していない、本当に恥ずかしい人たちだと思う。そんな人たちに支持されていたヒラリーさんがかわいそうに思えてくるほどだよ。

──ちなみに、安倍首相はトランプ氏との会談の後、ペルーでロシアのプーチン大統領と会談しました。

高須:僕はもちろんプーチンさんも支持しているから、いろいろ期待できると思う。いやあ、プーチンさんには一度会ってみたいんだよなあ。ソチオリンピックのときに会場で見かけたんだけど、とんでもない警備で近づけなかった(笑い)。僕の友人にもプーチンさんと会った人が何人かいるけど、間違いなくみんなプーチンさんに圧倒されて、尊敬するようになってる。本当にすごい人なんだろうね。

 * * *
 トランプ氏といち早く会談した安倍首相を大絶賛した高須院長。未来を読む目を持つ高須院長がこう話すのだから、日本とアメリカの関係はより良いものになって行きそう?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。


【関連記事】
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず
トランプ勝利を予測していた高須院長「日本が偉大になる!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。