ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いきものがかり水野が選曲「好きと言わない恋の歌」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。毎回、さまざまな切り口で最先端の音楽を紹介しています。11月24日(木)のオンエアは、木曜ミュージックオペレーター、いきものがかりの水野良樹とお送りしました。

この日は関東に雪が降ったこともあり、冒頭は雪にちなんだ曲として、いきものがかりの「SNOW AGAIN」と、中島美嘉「雪の華」をおかけしました。水野によると「SNOW AGAIN」は雪が降っているときに、北海道の空港で書いた曲だそうです。

藤田:雪にまつわる曲はじっと聴いてしまう曲が多いですね。
水野:実際に雪が降ってくると言葉を失う感じはあります。
藤田:喧騒もかき消されますしね。
水野:その静けさが逆にメロディーを生み出すんですよ。

と、素敵な言葉をいただきました! さて、今回のテーマは「好きと言わないラブソング」でした。「好き」という気持ちを直接歌っていないものの、好きだという気持ちが分かる曲です。水野が選んだのは次の曲でした。

・斉藤由貴「卒業」
「逢えないことも知っている」という歌詞から、相手のことが好きだということが分かる。

・aiko「カブトムシ」
カブトムシで愛を表現しているだけでなく、象徴的な言葉がたくさん使われていて、深い意味を持つ歌詞。

・秦 基博「僕らをつなぐもの」
恋人と過ごしている時間が終わってしまうかもしれないことを、変わる間際の黄色い信号を一緒に見ている…という内容で伝わってくる。

水野は「二人で何かを見ているという表現は、二人が一緒にいることを伝えやすいんですよね」と解説。藤田は「秦さんの、瞬間を描写する能力はすごい!」と感心していました。

・かぐや姫「なごり雪」
情景描写だけで進んでいくが、別れてしまうと思われる主人公の痛みが伝わってくる。言葉の裏側にある情報量もすごい。

藤田は、Coldplayの「A Sky Full Of Stars」を選びました。「全てを恋愛に喩えています。タイトルでいえば『あなたは満天の星空なんだ』というような感じです。しかも、よく調べるとこのパターンは多いです」と藤田。水野は「日本語だと恥ずかしいけど、英語だと良いかもしれませんね」と感想を述べていました。

このように、歌詞に注目すると、音楽を一層楽しめそうですね! 番組ではいろいろな角度から、“SONAR”(音楽感度)が上がる曲をどんどん紹介しています。#sonar813やメールで教えてください。

■今回のオンエア曲
Jonas Blue feat. RAYE「By Your Side」
いきものがかり「SNOW AGAIN」
中島美嘉「雪の華」
東京農業大学全学応援団吹奏楽部「ディープパープル・メドレー」
SUEMITSU & THE SUEMITH「未完成」
ASIAN KUNG-FU GENERATION / KANA-BOON / BLUE ENCOUNT「ループ&ループ(2016 ver.) FOR THE NEXT EDITION」
Bruno Mars 「Just The Way You Are」
かぐや姫「なごり雪」
Coldplay「A Sky Full Of Stars」
miwa「Chasing hearts」
JYOCHO「family」
Aimer「everlasting snow」
ビッケブランカ「Slave of Love」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分―25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP