ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「今から生まれるかも、危ないかも!」予定日まであと2週間、里帰り先の病院で大量出血 by 丸本チンタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

里帰り出産のため、出産予定日の1ヶ月前に故郷富山へ戻りました。

引き継ぎの病院は、地元の同級生などに評判を聞いて決めました。

下見はしていません。

大阪で診てもらっていた病院とは多々違いはあるものの、何回か通院しているうちに慣れるんだろうなと思っていました。 前回のエピソード:「あんまり妊婦っぽくないよね」夫に言われて気づいた。そういえば私妊婦だと気づかれない! by 丸本チンタ

でも、富山の病院で2回目の診察の数日後に、トイレで出血があり状況が一変します。

そのときの先生のすべての説明は今はっきりとは思い出せませんが、子宮の上部が破れているとおっしゃっていたので、おそらく高位破水だったと思います。

子宮口も開いておらず陣痛もまだだったことから、様子を見ましょうということになった直後、病院のトイレで大量の出血がありました・・・。

丸本さん関連記事:出血、そして流産。神様なんていないと思ったクリスマス

著者:丸本チンタ

年齢:40歳

子どもの年齢:6歳

育児漫画から成人漫画までこなす、さすらいの漫画描き。愛娘もっちゃんの育児を中心に綴る4コマ漫画ブログ「おひさま もっちゃん!」が人気を集める。著書に『親バカと言われますが、自覚はありません。』(KADOKAWA)がある。

ブログ:「ちんたいむ」

新刊:おひさま もっちゃん! 漫画家パパの育児日記(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

退院の日にと準備していた服を着せ、赤ちゃんを見送った…。37週での予想もしない死産
出血がとまらない!
突然の出血、病院は休み。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP