ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京を世界一住みやすい街へ。カフェの使いかたひとつで変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英経済誌『エコノミスト』の調査による「世界で済みやすい都市ランキング」で、1位に輝いたオーストラリア・メルボルン。

先日、この街を訪れる機会があったのですが、メルボルンならではのカフェ文化に、住みやすさの秘訣がかくされていました。

月曜日。朝10:30のカフェ

市内でも最も有名なカフェ通りを訪れたのは、月曜日の朝10時30分ごろ。100メートルほどあるカフェ通りは、店内外問わず、コーヒーに舌鼓を打つ人で埋め尽くされています。

ほとんどの人が友人や家族らしき人と会話を楽しんでいて、私のようにひとりでお茶をしに訪れる人はあまり見かけません。そして、パソコンを広げて仕事をする人がいないことに、同じ曜日、同じ時刻の東京を思い出し、とにかく驚きました。

世界一住みやすい街であると同時に、盛んなカフェ文化でも知られるメルボルン。とはいえ、決してサービスがいいというわけではなさそう。むしろ、接客やサービスだけで言えば、日本の方がはるかにレベルは高いと思います。

メルボルンのカフェでは、店が混んでいると注文を忘れられる…なんてことは珍しくありません。たっぷり注がれたコーヒーが受け皿にこぼれている場面にも遭遇しました。

でも、だれも怒ることはありません。それどころか、「ちょっと、僕の注文忘れてないかい?」「あら、本当だ。ごめんね」というやりとりを笑顔でかわしています。

時間に追われず休む場所。そんなカフェのありかたを思い出しました。

東京を世界一住みやすい街に変えない?

東京で働く女性にとって、カフェといえば、「時間がない朝に手早く軽食やコーヒーを口にできる場所」「仕事の気分を変えるために利用する場所」になりつつあります。

しかし、カフェ文化最先端の街・メルボルンでは、「家族や友人との時間を楽しむ場所」「お客も店員も同等に接し、その日一日の始まりをみんなで楽しむ場所」。

メルボルンを訪れ、日本でもやりたいなと思ったのが、そんなカフェの使いかた。きっと、時間に追われる東京でも、イライラを感じることなく、やさしい気持ちと心の余裕が手に入りそうです。

東京が自分にとって世界一住みやすい街へと変わったら、最高です。

■ あわせて読みたい

松浦弥太郎さん。日々の暮らしの中にある走るということ
ブラックフライデーに全部。サンフランシスコ女子の買い物事情
たった20分で高揚した。VRがある渋谷
中目黒高架下
デニムもジュースも持ち帰り可。SNSみたいにアートもシェアする
餃子好きたるもの、新店舗は押さえておきたい
遠まわりするなら、渋谷公園通り。まっすぐ家に帰りたくない夜

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。