体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

傷の治りかけのケロイドがかゆい!知っておきたい正しいケロイド治療

傷の治りかけのケロイドがかゆい!知っておきたい正しいケロイド治療
出来た傷がなかなか治らず、赤くはれ上がっている。ミミズ腫れのような跡になってしまっている。このような人はいませんか?

これらのような症状を、「ケロイド」と呼びます。ケロイドは、痛みやかゆみがあるだけでなく、見た目にも目立つため、人に指摘されてしまうことも悩みの種です。

そこで、ケロイドの原因や治療方法・予防方法などのついて、ご紹介します。

要チェック項目

□ケロイドには2種類ある

□ケロイドは治療によって改善することができる

□ケロイド予防には体質改善と傷のケア

ケロイドとは?

ケロイドとは、皮膚に出来た傷がなんらかの原因でコラーゲンが増殖したことによって、傷が盛り上がってしまった状態のことです。

ケロイドは、遺伝や体質によって起こりやすいものであると考えられています。ケロイドには2つの種類があります。

真性ケロイド

真性ケロイドは、もとの傷跡を超えて範囲が大きくなるのが特徴で、境目のはきりとした扁平隆起性から半球状隆起がみられます。

色は鮮紅・紅褐・褐色となっており、かなり目立ちます。少しずつ側方に進行しながら中央部が退色扁平化していきます。

横からつまむと痛みを感じる「側圧痛」というものがあります。

肥厚性瘢痕

肥厚性瘢痕は、傷の部分を越えて周囲に拡大することはなく、隆起や紅色調も少ない傾向にあります。側圧痛を感じることもありませんが、かゆみを感じることがあるようです。

ケロイドが出来る原因ときっかけ

ケロイドが出来る原因やメカニズムについては解明されつつありますが、いまだにわからない点も多い疾患です。ケロイドが出来る原因やきっかけについて、みていきましょう。

ケロイドが出来る原因

ケロイドが起こる原因は体質といわれており、この体質は遺伝である場合があります。このように遺伝で出来るケロイドを「家族性ケロイド症」といいます。

家族性ケロイド賞は黒人種に多く白人種には少ない傾向にあり、日本人は中間に値するといわれています。

ケロイドができるきっかけは?

ケロイドは、首や肩など、体の中心部となる体幹に出来やすく、腕や足などには出来にくいといわれています。帝王切開による出産をした女性が、切開跡がケロイドになってしまうケースは比較的多いようです。

また、ピアスをあけた穴がケロイド化してしまうこともあるようです。

ケロイド体質かどうかを見極める方法

ケロイドは、大きさによってはとても目立ってしまいます。また、かゆみや痛みなどを伴う場合には、苦痛も感じることでしょう。そのため、できればケロイドとなってしまうのを避けたいところです。

自分がケロイド体質かどうかを知っておくことで、傷が出来た際のケアなどによってケロイド化してしまうのを防ぐことができるかもしれません。

家族にケロイド体質の人がいるかどうか

家族の中に、ケロイド体質の人がいるかどうかをチェックしてみましょう。もしいるとしたら、自分もケロイドが出来やすい体質かもしれません。

ニキビや虫さされの治り方で判断

ニキビや虫さされの後がジュクジュクしたり赤く盛り上がったりすることが多い場合には、ケロイド体質である可能性があります。ニキビや虫さされの跡が赤く盛り上がり、その跡がなかなか消えなかった人は、要注意です。

ケロイドの治療方法は?

出来てしまったケロイドを消したい! 痛みやかゆみから解消されたい! という人も多いのではないでしょうか? ケロイドには、症状にあわせた方法で治療をすることで、ケロイドの悩みを解消することが期待できます。

レーザー手術

ケロイドの治療には、内科的レーザー治療という方法があります。ケロイド部分に弱いレーザー光を照射し、血行を改善したり炎症を抑え痛みを和らげたりする効果があります。

ケロイド部分を切除

ケロイドそのものを切除する方法もあります。この方法の場合、その手術跡が新たなケロイドとなってしまうこともあるため、手術後に適切なケアをする必要があります。

術後ケロイドができないように、ステロイド注射やレーザーなどを併用することが多いようです。

ケロイドが大きく目立つ場合には、切除することで見た目が大きく改善されます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。