ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

多摩センターイルミネーション2016、点灯式はキティちゃんショー!「光の水族館」も美しい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普段から家族連れに人気の多摩センター駅。サンリオピューロランドの最寄り駅としても知られるこの駅ですが、冬になるとイルミネーションも加わってより賑やかに。テーマパークで遊んだ後にイルミネーションが見れるなんて大人も子供も一石二鳥。子供と一緒にイルミネーションを楽しみたい方には特におススメのスポットです。よみうりランドのイルミネーションもお見逃しなく…2016年のディズニーイルミネーションは?表参道は「体験型」イルミネーション!

大盛況の点灯式

点灯式でハローキティーショーが見れると聞きつけたのでそれは外せないと思い、参加してみることに。童心に返って子供たちと一緒にはしゃいでしまいました。

お姉さんたちとキティちゃんとシナモンは息ぴったり!

キティちゃんたちの振り付けに合わせて踊ったり歌ったりする子供たちの表情はキラキラ。お馴染みのクリスマスソングをサンリオキャラクターと共に合唱できるなんてなんとも贅沢。

 

最後はみんなでペンライトを持ってカウントダウン!

イルミネーションの点灯の瞬間を見たのは生まれて初めてでした。子供たちの楽園、多摩センターに今年も綺麗な灯りがともりました。

キティちゃん、楽しいショーをありがとう!

メルヘンチックな世界観を醸し出すイルミネーション

さすがは子供たちの夢の国。クリスマスツリーの奥へと歩いて行くと、まず目に飛び込んできたのはやはりキティちゃんの人形でした。キティちゃん好きにはたまらない、最高の撮影スポットです。

こちらは馬車モチーフ

ハートがあったり……

トナカイに乗ったサンタさんだっています!

 

 

とにかく色んなモチーフがあちこちに点在していて、好奇心を掻き立てられます。

キュートな「センターランドツリー」に胸キュン

こちらは少し遠くから見たツリー。青みがかって見えます。400mに及ぶパルテノン大通りの「ストリートイルミネーション」(ウォームホワイトのLED使用)とのコンビネーションが最高です。

近くから見たツリーは遠くから見たときとはまた違う印象です。ツリーの下にサンタさんがいました! ちょっとした遊び心がいいですね。

※センターを飾る高さ14mのツリーは、長野県富士見町から寄贈された本物のモミの木です。

「光の水族館」がすごい!

この日は点灯式に参加したため、話題の「光の水族館」は最後に鑑賞させていただきました。実際は駅を降りてすぐに目に入ってくるのが”Welcomeツリー”とその先にある青く輝く光のトンネルです。

 

全長50mのそのトンネルには、沢山の海の生き物たちがいました。

 

モチーフを指差しながら動物の名前を叫ぶ子供たちの姿は生き生きしていました。

大人たちも予想以上のクオリティに感嘆の声を漏らしていました。

気分はまるで神秘的な海の中を歩いているかのよう。

光のトンネルの出口にはまたもやキティちゃんが待ち受けていました。嬉しいサプライズです。

子供の心をグッと掴むイルミネーション

にくらしいぐらいに子供心をくすぐるモチーフやキャラクターの配置とラインナップが魅力の多摩センターイルミネーション。期間中は吹奏楽によるクリスマスソングのコンサートや、ハローキティと仲間たちによるパレードなど様々なイベントを開催予定ということで、今後のスケジュールから目が離せません。

多摩センターイルミネーション2016アクセス:京王線・小田急線・多摩モノレール「多摩センター」駅すぐ点灯期間:2016/11/12(土)〜2017/1/9(月・祝)点灯時間:16時30分〜22時30分(サンリオキャラクターイルミネーションは21時30分まで)料金:無料公式HPはこちら

クリスマスの思い出作りは多摩センターで決まり!

一緒に行く相手を気にしなくても気軽に楽しめるイルミネーションていいなと思います。多摩センターのイルミネーションを見ていると、子供の頃のクリスマスの記憶が蘇ってわくわくしてきます。ロマンチックなだけがクリスマスじゃないんです。誰と行っても幸せな気持ちになれる心温まるクリスマスがそこにはありました。ちなみに私は甥っ子を連れて行きましたが、彼は初めてのイルミネーションに大はしゃぎでした。多摩センターイルミネーション2016、点灯式はキティちゃんショー!「光の水族館」も美しい!

関連記事リンク(外部サイト)

「最高の映画体験」とは何か。年300本見る私が、最高にステキな映画館をお教えします。
紅葉シーズンの長瀞はライン下りにサイクリングも楽しむ!巡るべきスポットとは?
北海道土産の定番「六花亭」にカフェが!「六花亭喫茶室」で限定スイーツを堪能!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP