体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】日本でも人気の画家ロートレックの故郷、フランス南部のアルビへ

レンガ造りの街並みがとても可愛らしい、フランス南西部の都市アルビ。大聖堂や宮殿、旧市街の中世の街並みなどが「アルビの司教都市」として、2010年にユネスコ世界遺産に登録されています。画家トゥールーズ=ロートレックの故郷でもあるアルビを訪れてみましょう。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
まずは、街の中心部を流れるタルン川周辺の散策からスタート。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
Le Pont Viex (C)sweetsholic

11世紀半ばに建造されたタルン川に架かる「ヴィユー橋(Le Pont Vieux)」。フランスで最も古い橋のひとつです。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
橋を渡り、川の南側にあたる旧市街へと向かいます。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

旧市街のなかでもひときわ目を引くのが、サント・セシル大聖堂(La Cathédrale Sainte-Cécile)。13世紀の後半から約200年の歳月をかけて建てられた大聖堂で、レンガ造りの建物では世界最大とも言われています。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ! 
(C)sweetsholic

厳かな雰囲気の漂う大聖堂内部。鮮やかなブルーを基調とした絵画は、息を呑む美しさ。

■あわせて読みたい

天空の城ラピュタのモデルも。フランスで最も美しい村々を巡る旅
一生に一度は行ってみたい!フォトジェニックな南フランスの可愛い村6選
パリから日帰りで行きたい、フランスの美しい田舎町7選

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

大聖堂の近くには、ハーブガーデンを囲む回廊が美しい、サンサルヴィ参事会聖堂(Le Cloitre Saint Salvy)もあります。こちらも世界遺産のひとつ。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

アルビ旧市街の街並み。訪れた10月は乳がんの早期発見を啓蒙する「ピンクリボン運動」にあたる月ということで、ピンク色のパラソルのディスプレイが印象的です。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
マルシェ外 (C)sweetsholic

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。