ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地ルポ】日本でも人気の画家ロートレックの故郷、フランス南部のアルビへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レンガ造りの街並みがとても可愛らしい、フランス南西部の都市アルビ。大聖堂や宮殿、旧市街の中世の街並みなどが「アルビの司教都市」として、2010年にユネスコ世界遺産に登録されています。画家トゥールーズ=ロートレックの故郷でもあるアルビを訪れてみましょう。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
まずは、街の中心部を流れるタルン川周辺の散策からスタート。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
Le Pont Viex (C)sweetsholic

11世紀半ばに建造されたタルン川に架かる「ヴィユー橋(Le Pont Vieux)」。フランスで最も古い橋のひとつです。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
橋を渡り、川の南側にあたる旧市街へと向かいます。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

旧市街のなかでもひときわ目を引くのが、サント・セシル大聖堂(La Cathédrale Sainte-Cécile)。13世紀の後半から約200年の歳月をかけて建てられた大聖堂で、レンガ造りの建物では世界最大とも言われています。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ! 
(C)sweetsholic

厳かな雰囲気の漂う大聖堂内部。鮮やかなブルーを基調とした絵画は、息を呑む美しさ。

■あわせて読みたい

天空の城ラピュタのモデルも。フランスで最も美しい村々を巡る旅
一生に一度は行ってみたい!フォトジェニックな南フランスの可愛い村6選
パリから日帰りで行きたい、フランスの美しい田舎町7選

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

大聖堂の近くには、ハーブガーデンを囲む回廊が美しい、サンサルヴィ参事会聖堂(Le Cloitre Saint Salvy)もあります。こちらも世界遺産のひとつ。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

アルビ旧市街の街並み。訪れた10月は乳がんの早期発見を啓蒙する「ピンクリボン運動」にあたる月ということで、ピンク色のパラソルのディスプレイが印象的です。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
マルシェ外 (C)sweetsholic

教会巡りを楽しんだあとは、お待ちかねのランチタイム! 大聖堂から歩いて5分ほどの場所にある、2階建ての屋内マーケット(Le Marché Couvert)に向かいましょう。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
マルシェ内 (C)sweetsholic

焼き立てのパンから豊富に揃うチーズやハムにお惣菜、お土産に最適なフォアグラなどの特産品までが勢ぞろい。1階にはワインを飲みながら軽食を楽しめるブラッセリーやレストランもあります。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
ヌフ橋 (C)sweetsholic

お天気の良い日には、マルシェでパンやお惣菜を買い込んで、ヌフ橋(Le Pont Neuf)の河原を散策しながらピクニックもいいですね。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
ミュージアム (C)sweetsholic

午後は、大聖堂のお隣にあるトゥールーズ=ロートレック美術館(Le musée Toulouse-Lautrec)へ。中世の時代に司教が暮らしていたベルビ宮殿(Le Palais de la Berbie)を改装した館内には、リトグラフやポスター、油絵画などロートレックの作品を中心に、ゴッホやマティスなどの作品も展示されています。美術館には、ロートレック作品の6割にあたる1000点以上が収蔵されているそう。美術鑑賞がそれほど好きな人でなくても「これ、見たことがある!」というロートレックの作品にきっと出合えるはずです。入館料は大人9ユーロ(約1020円)。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
(C)sweetsholic

美術館に入らずとも無料で立ち寄ることのできるフランス式庭園(Les Jardins du Palais de la Berbie)を散策してみましょう。フランス文化省により「注目すべき庭園(Jardin Remarquable)」に制定されていることもあり、庭園の美しさもさることながら、眺めも最高! 旅の思い出を撮影するのにぴったりです。

画家トゥールーズ=ロートレックの故郷、フランス南部の都市アルビへ!
アルビの旅、いかがでしたか? とてもコンパクトな街なので、1日あれば主な名所は押さえられそうです。時間に余裕があれば、ヌフ橋のほとりを散策したり、旧市街のカフェでレンガ造りの美しい街並みを眺めながらゆったり過ごすのもおすすめですよ。

※アルビまでの行き方:パリから高速列車TGVで約7時間

■あわせて読みたい

「ハウルの動く城」のモデルになった街、フランスのコルマール20
一生に一度は行ってみたい!「本当のフランス」を感じる最も美しい村6選
抜けるような海の青と真っ白の砂が美しい。フランス「ピラ砂丘」の風景

[albi-tourisme.fr]
[jp.france.fr]
[Photos by Shutterstock.com] 

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。