ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロテインダイエットって本当に効くの?ナイスボディを作る摂取のコツ

  • ガジェット通信を≫


引き締まった体と体重を減らしたいならプロテインダイエットに注目してみてはいかがでしょうか?

今回はプロテインダイエットをやる上での注意点と効率良く筋肉をつけるためのポイントを話したいと思います。

プロテインダイエット3つのポイント

□プロテインダイエットの目的は
「体重を減らすこと」と「体を引き締める」こと

□運動をしたあと
の30分間はプロテインを飲むゴールデンタイム

□腹持ちを重視するなら
プロテインは牛乳で割るのがおすすめ

プロテインダイエットの目的とは?

一般的にダイエットというのは体重を減らすことが目的だと思います。しかし、プロテインダイエットでは「体重を減らすこと」と「体を引き締めること」の2つが目的です。

体を引き締めるためには筋肉をつけなければいけません。筋肉をつけるためにはタンパク質と適度な運動が重要になります。

プロテインにはタンパク質が豊富に含まれているため、プロテインを摂取しつつ、運動を行うと筋肉がつきやすいです。

筋肉がつくと体重が重くなるから嫌だという人がいますが、筋肉は脂肪よりも消費カロリーが高いため、結果として筋肉が多いと太りにくい体にすることができます。

一時的なダイエットであれば脂肪を燃やすだけでいいと思いますが、長期的に考えると筋肉をつけ、体を引き締めた方がいいでしょう。

プロテインの摂取方法は2種類

プロテインと聞くとスポーツ選手がよく飲んでいるプロテインの粉末を牛乳で割った飲みものをイメージする方が多いと思います。しかし、プロテインとは日本語に訳すとタンパク質という意味なのです。

つまりプロテインダイエットとはタンパク質を積極的に摂取し、ダイエットすることを意味します。タンパク質の摂取方法には大きく分けて2種類あります。

食事でタンパク質を得る

食事でプロテインダイエットをする場合は
肉・魚・大豆製品など、タンパク質を多く含む食材を意識して食べるようにします。

できれば
豆腐や大豆など植物性タンパク質を摂取した方が余計な脂質を摂取せずに済むので良いでしょう。

プロテインドリンクでタンパク質を得る

市販で販売されているプロテインドリンクを飲んでタンパク質を摂取していきます。

プロテインドリンクは栄養のバランスも良く、腹持ちも良いためプロテインダイエットをするのであればドリンクによるダイエットがお勧めです。

プロテインドリンクはあくまで栄養を補助する飲みもの

プロテインドリンクは素早くタンパク質を摂取できるとても便利な飲みものです。しかし、食事に置き換えるのは少し注意が必要です。

短期間でのダイエットを目的にしている方や頑張ってダイエットしようと気合いが入っている方は1日3食のうちの1食をプロテインに代用することがあります。

しかし、食事をプロテインに代用すると強い空腹感に襲われ、逆に食べ過ぎてしまう場合があります。

食事量を減らしたい場合は回数を減らさず、全体の食事量を少し減らし、残りをプロテインドリンクで代用するようにしましょう。

プロテインを摂取するのに良い時間

実はプロテインを摂取するのに効果的な時間があります。プロテインは適切なタイミングで摂取することで、より一層効果を高めることができるのです。

運動する1〜2時間前

運動で消費するエネルギーを補うためには、
運動する1〜2時間前にプロテインドリンクを摂取するのがいいと言われています。

運動する前にある程度栄養を確保していないと、脂肪だけでなく筋肉も分解してエネルギーを作ってしまいます。

運動後30分以内に飲む

運動後のプロテインドリンクの摂取は必ず行いましょう。
ベストな時間は運動したあと30分以内です。この時間帯に飲むと効率よく筋肉をつけることができるため、プロテインを摂取するゴールデンタイムと呼ばれています。

寝る1〜2時間前

人は寝ているときに筋肉を修復します。その筋肉を修復するために必要な栄養をプロテインによって補います。
消化する時間を考えると、就寝の1〜2時間前がもっとも良いでしょう。

牛乳で割るのがおすすめ!

プロテインドリンクと言っても昨今はいろんな味や割りかたがあります。水やジュースにスポーツドリンクなど、自分の好みに合わせても良いのですが、とくにこだわりがない方は牛乳で割るようにしましょう。

牛乳で割ることの大きなメリットは腹持ちの良さです。牛乳は水やジュースに比べ、吸収力が遅いため、腹持ちを良くします。ダイエット中についつい食べ過ぎてしまう方は牛乳の腹持ちの良さを活用しましょう。

効率良くやることでダイエットの効果はさらに高まる

プロテインダイエットは単に運動をしてプロテインを摂取すればいいわけではありません。

タンパク質の摂りすぎや飲む時間帯を間違えれば、せっかく運動しても効率良く筋肉をつけることができません。

またプロテインは各ブランドの製品によって栄養素が微妙に異なります。

プロテインダイエットにお勧めなのはタンパク質の含有量が多く、脂質が低いものです。これらもチェックして、効率良くダイエットを行いましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!
誰でも顔痩せ出来る4つの方法 すっきりフェイスラインを作ろう!
冬太りにおすすめ!ダイエットに効果的なあったかスープレシピ3選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP