ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べていないのにお腹ぽっこり!?“デブ菌活”、していませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


腸内環境を整えることは、美と健康の基本。「悪玉菌(=デブ菌)」が多いと、太りやすく老けやすい体質になってしまいます。せっかくの菌活が“デブ菌活”になってはNG。カラダを内側からキレイにしてくれる腸に整えましょう。

腸内細菌の黄金比は「6:4」!

腸内の細菌には、善玉菌と悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌の3種類があります。通常、腸内には善玉菌の方が悪玉菌よりも多く、黄金比は6:4と言われています。

ストレスや栄養バランスの悪い食生活、不規則な生活を続けると、悪玉菌が増え、バランスが崩れてしまいます。すると腸のはたらきが減退。代謝が衰えて脂肪が落ちにくくなります。栄養素が十分に吸収できなくなることで、肌のターンオーバーが滞り、肌トラブルを招く可能性も・・・!太りやすく、老けやすい体質になってしまいます。

腸内の細菌バランスを“善玉菌:悪玉菌=6:4”に保つことで、代謝のよい、スリムで若々しい身体を実現しましょう。

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす食生活

腸内の善玉菌を増やすには、乳酸菌が豊富な食品や発酵食品を積極的に食べるのがおすすめ。食物繊維が豊富な野菜・くだものやオリゴ糖と合わせて摂取することで、腸内環境を整える効果が高まります。バランスのよい食生活を心がけ、ヨーグルトや納豆などを積極的に食べましょう。

冷え予防&腸もみも効果的!

お腹が冷えると、悪玉菌が増えやすくなります。寒くなりお腹が冷えやすい秋以降は、腹巻やホッカイロなどでお腹を冷えから守りましょう。夏場は冷たい飲み物の飲み過ぎに要注意。温かい飲み物や食べ物を積極的に取り入れましょう。


また、腸を揉んで血行をよくする“腸もみ”もおすすめ。酸素や栄養素を運んでいる血液の流れが整うことで、腸のはたらきも活性化します。

腸内環境を悪くする生活習慣は、デブ菌活をしているのと同じ。善玉菌が多く内側から輝く体質を目指しましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【紅たき占星】ダメンズに振り回されやすさがわかる心理テスト
手作り化粧品ってお肌に良いの?自分で作ったアイテムの注意点とは
大人の女はシンプルに+αの女っ気♡洗練されたOLコーデ紹介
美しい腰のラインをつくる、インナーユニットエクササイズ
秋から実践!乾燥に負けない、潤い素肌の3ステップ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP