ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの使い過ぎで顔の印象が薄くなる!?すぐできる対処法!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホ姿勢を続けているといつの間にか顔が長くなる!?

ちょっと手を止めて、周りを見渡してみてください。
携帯を見ている人の姿勢、どうなっていますか?
はい。それがさっきまでのあなたの姿勢です(笑)
携帯に集中していると、いつの間にかおへそに向かって体を丸め込むようになり、気が付くと猫背になっていませんか?
スマホ姿勢は肋骨の動きが小さくなるため、呼吸が浅くなります。
浅い呼吸は、美肌を遠ざけることに。
つまり、スマホ姿勢が顔のくすみやタルミを招くのです。
また、顔の印象が間延びするというのでしょうか。
原因は後で説明しますが、タルミだけでなく、本来より顔自体が長くなってしまうのです。

 

オフィスで簡単にできる、即美顔テクニック!

ということで、今回はオフィスで簡単にできる調整法をご紹介します。
みなさんはサッシの溝掃除って、したことありますか。
今回のケアは、溝掃除のやり方と同じです。
そのイメージで体の溝掃除をして、美顔を手に入れましょう!
フォーカスするのは肋骨。
アイテムを使います。
お手持ちのかっさ、もしくは太めのペンをご用意ください。
※先の尖った部分は使わないでくださいね!
①服の上から調整します。
まずは肋骨の左半分から。
右手でペンを持ち、鎖骨の下辺りからイラストのように、ペンを矢印の方向にスライドさせます。

ペンが肋骨の間の溝に入ればより良いですが、溝がわからなくても、矢印方向にペンをスライドさせるだけでもOKです。
あまりゴリゴリと強くせずに、軽めにするのがポイントです。
※真ん中にある胸骨は避けて溝掃除してください。
ちょうど矢印の終わる辺りまで溝掃除します。
②左側だけ溝掃除し終わったら、一度お顔を鏡で見てみてください。
顔の縦幅が小さくなり、フェイスラインが上がっていませんか?
③確認したら、反対側も同様に溝掃除してください。

 

習慣にしてしまうことで、気分転換にもなって、とっても便利!

ここでちょっと筋膜のお話しになりますが、顔まで覆う全身タイツを着ている状態をイメージしてみてください。
あくまでもイメージですが、心臓辺りのタイツを持ってギュッと下へ引っ張ると、顔や頭のタイツも一緒に下へ引っ張られますよね!?
筋膜もこのタイツと同じで、猫背になると全体的に下がり、顔が長く、鼻も本来より低くなってしまうのです。
この溝掃除は、その引っ張りに対処する方法です。
本格的に調整するのにはプロの手が一番ですが、ご自身で毎日コツコツ調整することも大切です。
上手にできると胸が開くので、呼吸も楽になりますし、肌の血色も良くなります。
顔の印象もまとまり、鼻がスッと高くなりますよ!
呼吸が入ると気持ちもスッキリします。
お仕事や家事の合間の気分転換を兼ねて、ぜひお試しくださいね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP