ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』予告編公開!“愛と葛藤”を描き続けた監督が切り取る“ある家族の1日”

DATE:
  • ガジェット通信を≫
グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』予告編公開!“愛と葛藤”を描き続けた監督が切り取る“ある家族の1日”

 2017年2月11日に公開されるグザヴィエ・ドランによる最新作『たかが世界の終わり』。本作の主演を務めるギャスパ―・ウリエルの誕生日に合わせ予告編が公開された(https://youtu.be/iCZZAxlMPkQ)。

グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』関連写真など

 「若き美しき天才」と称され、映画界のみならず世界のカルチャーシーンに閃光を放ち続ける27歳、グザヴィエ・ドラン。『Mommy/マミー』(14)ではカンヌ国際映画祭で審査員賞という栄光を手に入れ、映画の新しい時代の幕開けを感じさせた。“愛と葛藤”を描き続けたドランだが、本作では“ある家族の1日”を切り取っている。

 予告編は、グザヴィエ・ドラン監督を中心に、ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイら役者陣が、グランプリを受賞したカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩いている場面からスタート。自らの死を告げるため12年の沈黙を破り帰郷する主人公ルイと、久しぶりの再会を待ちわび浮足立って落ち浮かない、何も知らない家族たち。なかなか話を切り出せずにいるルイは、愛する家族との久しぶりの団欒を楽しむが、素っ気なかった兄とついには言い争いが始まってしまう。ギャスパ―・ウリエルの胸ぐらを掴み、怒りに拳を震わせるヴァンサン・カッセルと泣き叫ぶレア・セドゥが印象的である。

◎映画『たかが世界の終わり』
監督・脚本:グザヴィエ・ドラン
原作:ジャン=リュック・ラガルス『まさに世界の終わり』
出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ
配給:ギャガ 提供:ピクチャーズデプト、ギャガ、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
後援:カナダ大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
原題:Juste la fin du monde/カナダ・フランス合作映画/99分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:原田りえ
(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual

関連記事リンク(外部サイト)

グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』2017年2月公開! ギャスパー・ウリエルの来日も決定
第69回カンヌ授賞式の放送決定! 出品はグザヴィエ・ドラン、ショーン・ペン、ニコラス・W・レフンの新作など
第69回カンヌ映画祭 『4ヶ月と、3週と2日』のムンジウ監督が新作で監督賞を受賞

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。