ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ハイレゾ音源大賞」11月度大賞はOGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンキヨー&パイオニアイノベーションズ、レーベルゲート、オトトイ、JVCネットワークスの4社は、それぞれが運営するハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」、「mora ~WALKMAN公式ミュージックストア~」、「OTOTOY」、「VICTOR STUDIO HD-Music.」による連合企画「ハイレゾ音源大賞」の11月度大賞を発表した。

第3回目、2016年11月度のセレクターには音楽評論家の小野島大氏を迎え、2016年11月1日~11月30日のリリース作品から各ストアが推薦した4タイトル(Bob Dylan『The Real Royal Albert Hall 1966 Concert(Live)』、Jeff Beck『Wired』、OGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』、KOKIA『Watching from Above Vol.1&2』)のノミネート作品の中から大賞1作品を選出。

11月度「ハイレゾ音源大賞」には、OGRE YOU ASSHOLE(オウガ・ユー・アスホール)の『ハンドルを放す前に』が選出された。

セレクター 音楽評論家・小野島大氏コメント
オウガ・ユー・アスホールの『ハンドルを放す前に』は、バンドがエンジニアの中村宗一郎と共にアナログ機材を駆使して、マンツーマンでたっぷりと時間かけて作り上げた録音芸術の粋である。音のない隙間を効果的に生かし、音の鳴りと響きを重視して、奥行きと幅のある立体的な音響として圧倒的な完成度の高さだ。CDに比べると低域の伸びと音像の奥行きの深さが違う印象。隅々までアーティストの意思が行き渡っていて、無駄な音が一個もない。AORやシティ・ポップスにも通じるソフト&メロウな音楽性なのに、怖いほどの密度の高さとヒリヒリするような緊張感。歌や演奏や歌詞やメロディだけでははかれない総合録音芸術であり、これこそが2016年の音楽である。

4作品のうち、音楽性も録音の時期も方向性もバラバラなので優劣はつけがたいが、ここは、「2016年の録音芸術」として必要にして十分な要素を無駄なく配置し、24/48(24bit / 48kHz)というフォーマットを存分に完璧に生かした構成力で見事な高みを示したオウガ・ユー・アスホールに、第3回ハイレゾ音源大賞を進呈したい。この異様なまでに完成度の高い音源を、ライヴでどう展開するのか。楽しみだ。

ハイレゾ音源大賞HP
http://hi-res-award.com

関連リンク

e-onkyo music:http://www.e-onkyo.com/
mora ~WALKMAN公式ミュージックストア~:http://mora.jp/
OTOTOY:http://ototoy.jp/top/
VICTOR STUDIO HD-Music.:http://hd-music.info/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP