体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全部ハズレなし!編集部がオススメする ご当地の美味しいお土産ベスト10 【山梨県編】

桔梗信玄餅

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回紹介するのは、四方を山に囲まれた海なし県の山梨県。首都圏からのアクセスもよく富士山に富士五湖、下部温泉や石和温泉などの観光スポットも豊富です。 ランキングには戦国武将・武田信玄にあやかったものやフルーツ王国ならではのなどバラエティ豊かな食品が並びました。さっそくチェックを!

【1位】桔梗信玄餅

桔梗信玄餅

小さな容器にきな粉をまぶした3切れのお餅が入り、桔梗屋特製の濃い黒蜜をかけていただく生菓子。「定番中の定番」「山梨県と言ったらこれしか浮かばない」などの圧倒的評価が集まり1位となった。黒蜜ときな粉のバランスがいいのはもちろん「包みを開けて黒蜜をかけてきな粉をまぶして、というプロセスがいい」「甘さを黒蜜で調節できる」などカスタマイズの楽しさも喜ばれている。 価格:990円(6個)

販売元:桔梗屋

【2位】あわびの煮貝

あわびの煮貝 あわびの煮貝

その名の通り、あわびを醤油で煮たもの。今のように冷凍冷蔵技術や物流がなかった時代、海のない甲州(山梨県)の人にあわびの美味しさを伝えたいと、「みな与」の6代目と産地・伊豆の網元の人々が加工研究の上製法を完成し、江戸時代末期の頃に甲府に入ったと伝えられている。「歴史ある商品で高級感がある」「山梨にしかない味で美味」など、ご当地感と高級感が支持されている。 価格:樽入り・肝つき6,480円(125g)

販売元:みな与

【3位】イタリアンロール

イタリアンロール

ふんわり生地で程よい甘さの新鮮クリームをロールし、表面をシュー生地でくるんだロールケーキ。南アルプスの名水と山梨県産卵など厳選された素材が使われ、シンプルながら完成された味わい。「オシャレで食べ応えある」「山梨県のロールケーキと言えばこれ」などのクチコミが集まった。一番人気のプレーンのほか、季節限定フレーバーも随時販売されている。 価格:プレーン1,674円(1本)

販売元:清月

【4位】くろ玉

くろ玉

青えんどう豆のうぐいす餡を、風味豊かな黒糖羊羹で包んだ昔ながらの和菓子。澤田屋が昭和4年から販売しているロングセラー商品で、発売当初と変わらない製法を受け継ぎ、ひとつひとつ手づくりしている。黒くてつるんと丸い見た目からはなかなか味が想像しにくいが、コクのある黒砂糖とうぐいす餡の二つの甘さが互いを引き立てあい、お茶はもちろんコーヒーにもよく合う。 価格:1,004円(8個)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。