ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清水富美加 「周囲への目配りは松岡昌宏さんから学んだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『家政夫のミタゾノ』、『にじいろジーン』、『世界ふしぎ発見!』──。NHK連続テレビ小説『まれ』で主人公の同級生、蔵本一子役で話題を集めた清水富美加(21才)が、今や見ない日はないほど、各所からオファーが殺到中だ。

 独特の感性で世間の注目を集める清水。透明感がある外見のかわいらしさが注目される一方で、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で大好きな高菜おにぎりへの愛を歌い上げる自作の『高菜おにぎりの歌』を番組で熱唱し、あの黒柳徹子が大ウケ。その天真爛漫なキャラクターに注目が集まった。

「小さい頃から妄想力がたくましくて、寝る前には『今日見たい夢』を考えていました。頭の中で理想の夢を映像化して、セリフも書いて(笑い)。ひとつの言葉から好き勝手に世界を広げていくことは、得意なんです」(清水、以下「」内同)

 とにかくサービス精神が旺盛だ。そして常に全力で生きている。例えば、女性セブンの撮影。公園でカメラを向けると、柱の陰に隠れてみたり、高めのブロックにひょいと上って豪快にジャンプしてみたり。着地の衝撃で、「あいたっ!」と叫んで大笑いすれば、現場の空気もふわりと緩む。はたまた出演中のドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)のロケでは、差し入れのコロッケを頬張ると「うま~い!」とはしゃいで食レポ。パッと場の空気を感じ取って、その愛らしさで自然と周囲を"ふみカス(愛称)ワールド"に巻き込んでゆく。

「周囲への目配りは、ドラマで主人公を演じる松岡昌宏さん(39)から学んだことでもあります。松岡さんは撮影現場で常に中心にいて空気も段取りもスタッフさんも、すべてを引っ張ってくれる。その姿に『自分が主演になったらこういう時はこう言おう、スタッフさんや年下の人にはこう接しよう』と勉強になるんです」

 真面目さゆえのサービス精神でもあるのだろう。それは、レギュラー出演するバラエティー『にじいろジーン』(フジテレビ系)についてふと語ったコメントにも表れている。

「ゲストなら自分が思ったことをポーンと言っても司会のかたが拾ってくれるし、自由でいても絶対に誰かに修正してもらえる。でもMCだと、決まった進行があってそうはいかない。自由にしゃべると進行を忘れちゃうし、進行役に徹しようとすると進行表から目を離せなくて『全然、何も言えない…』みたいになっちゃって(苦笑)。

 相談するより現場で動きながら解決策を見つけます。お芝居やバラエティー、コラムなどいろいろなお仕事をさせていただいていますが、私自身には何かを確立したいって確固たる意志はないんです。全部マネジャーさんに頼りきり。波とかサーファーを例にしたら、乗っているだけの自動サーフボードみたいな感じですかね(笑い)。身を任せていたら波のあるほうへ角度も変えてくれている、みたいな」

 偏りのない心の軽さが、女優に留まらずマルチに活動する秘訣に感じられる。これぞ“ふみカスワールド”の真骨頂か。

 12月には初のフォトエッセイ『ふみかふみ』(幻冬舎)も発売される。名人芸の域に達する妄想も全力で披露。スマホで綴られた、普段着感覚の飾らない清水がぎゅっと詰まっている。

撮影■田中智久

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
小泉今日子 二階堂ふみの肩に「ピチピチでご利益ありそう」
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP