ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甘味料のステビア 血圧下げる効果が台湾で報告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 砂糖の300倍甘いとされる甘味料のステビアは南米原産のキク科の植物から抽出される。日本でもスポーツ飲料などに用いられているが、なんと血圧を下げる効果が報告されていた。

 2003年、台湾・台北医学大学などが中心となって発表したのが、ステビアの成分、「ステビオシド」の降圧効果だ。20~75歳の軽い高血圧患者168人を対象に行なった調査では、1日3回ステビオシドを投与したところ、2年後には平均で上の血圧が150から140に、下の血圧が95から89に下がったという。石原クリニック院長・石原結實医師が解説する。

「詳細は明らかになっていませんが、ステビアが持つ甘味が脳に満足感を与えることで、副交感神経が活性化し、血圧を下げると推測されています」

 かつてステビアには腹部膨満感や頭痛などの副作用も報告されていたが、甘味料として少量を摂取する分には安全性が示されており、厚労省も食品添加物としての使用を認めている。

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
高血圧治療薬で肝機能低下や間質性肺炎などの副作用報告
専門家が注目 はちみつやメイプルシロップに代わるハーブ
高血圧治療ガイドライン 120未満に引き下げで「患者」増加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。