ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

千堂あきほ『東ラブ』続編オファー来ても丁寧に断るつもり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 織田裕二や鈴木保奈美主演でドラマ化し、大ブームとなった柴門ふみさんの漫画『東京ラブストーリー』。それから25年、現在女性セブンでは続編となる『東京ラブストーリーAfter25years』が連載中だ。

 ドラマ版で、カンチの同級生・三上健一(江口洋介)と結ばれる医大生・長崎尚子を演じたのが、千堂あきほ(47才)。当時、学園祭クイーンとして大学の学園祭に引っ張りだこだった彼女にとって、『東京ラブストーリー』はどんなドラマだったのだろうか。千堂あきほが、当時を振り返る。

 * * *
 長崎尚子は、すごく賢くて、できる女でいいところのお嬢さんでした。私自身、もし芸能人になっていなかったら、短大に行って、幼児教育の勉強をしたいという夢があったので、尚子で女子大生役を演じられることがとてもうれしかったです。

 実は、全国放送の連続ドラマは、この作品が初めてでした。

 ほかの出演者のみなさんは、とても自然体でしたね。例えば、江口さんはロケ先にふらりと自転車で来てました。一方の私はとにかく緊張しっぱなし。せりふを覚えて、演出家の言うことを聞くだけで精一杯でした。

 ドラマの放送が始まっても、しばらくはブームを実感していませんでした。そんなある日、六本木の路上でロケをしていた時のことでした。

 街角の女の子が「カンチ」って、一緒に歩いている男の子に言っていたんです。東京の六本木で、東京ラブストーリーのリカをまねしている女の子がいる──。そこで初めて、「大ブームになっているんだ」と、実感しました。

 印象に残っているシーンは、尚子が結婚したばかりの夫を捨てて、三上の元に行くところです。実は、裏話があって、当初の台本では、この場面にキスシーンがあったんです。だけど、当時私はアイドルだったので、事務所がNGを出したみたいです(笑い)。

 結局、抱き合って、見つめ合うシーンになりましたが、キスシーンがなくてよかったのかもしれません。同年代の友達は今でも、「あのシーンはいいわ、よかったわ」と言ってくれます。

 柴門ふみさんの原作はもちろん、読んでます。漫画ってごちゃごちゃしたイメージがあったんですが、柴門さんの漫画はまったく違った。絵と構成がとにかくおしゃれでした。

 そして何より柴門さんの作品の魅力は、「もしかしたら現実に起こるかもしれない」という気持ちにさせてくれるところです。『東京ラブストーリーAfter25years』も、そんな気持ちにさせてくれる、柴門さんらしい作品です。

 そして、25年後といわなくても、一つの作品として成り立っていると思います。

 でも、もしドラマ化のお話が来たら、ご丁寧にお断りします。今の私は、どう考えても、25年後の長崎尚子ではありません。みんなの思い出の中にあるドラマの長崎尚子をそのまま置いといてあげたい。だから、生意気ですけど、演じない方がいいかなと思ってるんです。

 あの時代、あの空気感は宝物にしておきたい。それくらい私にとっても思い出に残る大切なドラマです。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
織田裕二 「踊る大捜査線」で2次・3次収入得て生活に困らず
大人の有森也実を大胆撮影 未公開カットを紹介
脚本家とTVウオッチャーが『東京ラブストーリー』等を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。