ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高知の戻り鰹 船上で味わう極上の漁師メシ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高知・土佐市の宇佐港、午前2時。室戸沖での鰹の一本釣り漁に向かう光丸の6人の漁師たちの姿がある。船長の岡本孝司さんが海鳴りのする方角を見ながら呟いた。

「昨日は大漁だったけど、今日は海が荒れているから厳しいかもしれないな」

 鰹の旬は年に2回。春、九州南部から黒潮に乗り、三陸沖まで北上する初鰹。10月下旬から12月末まで続く戻り鰹は、東北沖で親潮にぶつかり脂を蓄えて南下する。1.5キロ前後で身が赤く、さっぱりとした味の初鰹に対して、秋の戻り鰹の身は脂が乗ることでピンク色を帯び、コクのある味になる。

「戻り鰹は4キロ以上あるので、釣り上げるのが大変です。食いのいいときは釣っては投げての入れ食いで、15分もすると腕がパンパンになります」(光丸船員・森下将吏さん)

 鰹の一本釣りは「なぶら(魚群)」探しで始まる。未明に出航した船は、荒波をかき分け、彼方に群れを見つけるや全速力で向かい、船長の合図で餌投げが活餌の鰯を撒く。同時に水を海に撒いて鰯の群れに見立て、その中に「かえし」のない疑似餌針を投げ入れる。船先に並んだ釣り手の竿がしなり、銀色に輝く鰹が次々と宙を舞う。

 時間にして15分。鰹との壮絶な格闘は一瞬とも永遠とも思える長さだが、気がつけば甲板は鰹の放つ銀色の煌きで埋まる。眠気と疲労で倒れそうな漁師を癒やすのは、何といっても食事。

「毎日毎日、鰹ばっかりだけどね。美味いんだよ、これが」(岡本船長)

 光丸に乗り始めて6年目の濱口彰宏さんが手際よくさばいた鰹をガスバーナーで炙り、次々とタタキにしていく。塩焼きなどで食べるのが一般的なチチコ(心臓)やハランボ(トロ)は刺し身で並ぶ。どちらも鮮度がよくなければ口にできない珍味だけあって、船上ならではの贅沢といえる。

 この日は夕方6時過ぎに帰港、漁果は1トン弱だった。「今日はあんまりよくねぇなあ」という岡本船長だが、その顔は晴れやかだ。

「でもな、相手は自然だからね。こんな日もあるから大漁だと嬉しいんだ」

■撮影/佐藤敏和 ■取材・文/末並俊司

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
津軽海峡で70kgオーバーのクロマグロをヒットした釣りガール
漁船衝突事件で釈放された中国人船長と電話で5分会話してみた
今までうまいと思っていた鰹ってなんだ…と思える絶品鰹料理

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP