ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古いバランタインに驚きの高値がつく!洋酒買取のコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

海外のお土産やビジネスの場などで頂く機会の多い洋酒。中でも「バランタイン」というブランドは、飲めない人でも名前位は聞いたことがあるかも。しかし、いかにも高そうなお酒も、飲めない人にとっては飾り物にしかなりません。そこで、今回は「お酒の買取」について解説します。せっかく頂いたのに、封も開けずに飾りっぱなしという人は、是非参考にしてください。

バランタインとは

バランタイン(Ballantines)は、良質の原料だけを厳選して作られたスコッチウイスキーです。

1853年に、世界初のブレンデッドウイスキーが開発されました。それに刺激を受けたバランタイン社の創業者であるジョージ・バランタインが、自らブレンダーとなって製造に取り組み作り上げたのが「バランタイン」のスコッチウイスキーです。

1895年に王室御用達としてヴィクトリア女王から名誉が与えられ、バランタインのラベルには、現在も英国王室紋章院から授かった「コート・オブ・アールズ」という由緒ある紋章が掲げられています。

高く売れるバランタイン

バランタイン 30年     80,000円

30年という長い時間をかけて熟成された、バランタイン製品の中でも最上のお酒。澄んだ黄金色・芳醇な甘い香りで「最高峰」という言葉に相応しい逸品です。
バランタイン 21年     20,000円

21年以上熟成させて、まろやかで深いコクのある味わい。「スコッチウイスキー Masters2014」で金賞を受賞した珠玉の銘酒です。
バランタイン 17年     9,000円

1973年に発売されて以来、多くのスコッチファンを魅了し、バランタインの地位を確立させました。「ISC2015」で最高賞を受賞した納得の逸品。
バランタイン マスターズ    5,000円

熟年ブレンダーたちが技術を結集し、世界的にバランタインの名前を知らしめたスコッチ。原酒の個性を引出した名作です。

バランタインの買取価格例


買取店の査定相場

バランタイン30年  8,000~10,000円
バランタイン21年 2,000~5,000円
バランタイン17年  1,200~5,520円
バランタイン17年 ミルトンダフエディション   3,000円
バランタイン17年 グレントファーズエディション  2,500円
バランタイン17年 スキャパエディション  11,170円
バランタイン21年 ブレンデッドエディション  4,320円
バランタイン17年 名入れ彫刻ロックグラスギフトセット  4,320円
バランタイン 17年 1ケース 12本入  22,291円
バランタイン17年 並行輸入12本入  22,465円
バランタイン17年 名入れ彫刻入りボトル  4,200円

ヤフオクの高額落札例

ヤフオクで落札されたバランタインを調べてみました。

買取店からセット売りされているオークションも多いですが、ここでは単品売りで高額取引された落札例を紹介します。

古酒・稀少 Ballantine’s 30years バランタイン30年  93,500円
Ballantines バランタイン 30年 Y39326  80,777円

バランタイン 17年 ホワイトラベル 赤紋章 3スター 50年代  79,500円
古酒・未開封 バランタイン17年 Ballantines スコッチ   77,000円
古酒 バランタイン 30年 特級 従価 760/43 赤青旗 1940年代  71,800円
古酒・未開栓 Ballantine’s バランタイン 旧 17年 赤紋章  67,500円
バランタイン 17年 旧 箱付 Y39335   41,500円
赤紋章 バランタイン 17年 かなり古く蒸留は推定40~50年代  39,000円

バランタインは、洋酒コレクターから注目されるブランドでもあり、年代物の古酒では定価以上の価格で取引されています。倉庫に眠ったままになった古いバランタインが、予想外の高値になるかも!

洋酒の高価買取店紹介

レッドバッカス

全国対応の宅配買取では、買取キャンセル時の返送料も無料。出張買取は関東一円と岡山県に対応しています。

買取査定に満足行かない場合には、オークション代行も行い、出品から発送までの面倒な作業も全て依頼することも可能です。大切なお酒のコレクションを、少しでも納得いく価格で売りたいという時にオススメです。

ファイブニーズ

従来の買取業界のルートを改善し、買取からエンドユーザーに届くまでの中間マージンを大幅にカット。レストラン・ホテルなどの飲食店はもちろん、お酒コレクター・ネットショップ・海外オークションなど、様々な販売ルートを開拓して、世界で一番高く売れる市場で販売。「飲食コンシェルジュ」という独自のサービスで、お酒の提供先を常時確保・増大して高価買取へと結びつけます。

アプレリカー

コルク割れしたワイン、長期間保管して目減りしたワインやブランデー、ラベルが剥がれたお酒。他店では買取してもらえないこれらのお酒も、アプレリカーでは買取可能。査定に出しても断られるかも…と不安なお酒は、商品画像を送るだけのLINE査定がオススメです。

最高額買取保証キャンペーン実施中なので、他店の査定よりも低かった時には値上げ交渉が可能です。

お酒査定のポイント


外見コンディション

お酒買取の基本は、まず「未開封」であること。しかし、中身が大丈夫だったらOK!というものではありません。

まず、買取りしてもらおうというお酒は、倉庫や床下収納庫などで長期間放置されて、ホコリや泥で汚れているケースが多いです。お酒のラベルは「お酒の顔」と言っても良いほど、ラベルが剥がれていたりカビが生えたりしていると、査定が下がるだけでなく、時には買取りを断られることもあります。

査定を受ける前には、できるだけキレイな状態にしておくことで、査定額がアップします。

付属品

ウイスキーやブランデーなど高級洋酒の中には、木箱に入っていたり、クリスタルの替栓が付属しているものがあります。洋酒コレクターにとっては、こういった付属品にも価値があるので、付属品の有る無しで査定額が変わります。お酒の種類によっては、付属品が揃っているだけで、査定が倍以上も変わるものもあります。

早く売る

ウイスキーやワインなどには、賞味期限は設定されていません。しかし、お酒も食料品なので、長期間、品質を保持したまま保管するには、保管場所の環境が大切。保管状況によって劣化・変質・変色したり、蒸発してしまうものもあり、買取ができなくなることもあります。

「いつか飲むかも」「お客さんが来た時に」と思いながら、開封するタイミングを逃し続けているとしたら、中途半端に開封するよりも、買取でお小遣いを手に入れた方が有効活用になりますよ!

まとめ

お酒が飲めない人にとっては、洋酒の値段にはさほど興味がないかもしれませんが、バランタインの買取価格やオークションの落札実績を見ると「捨ててしまおうか…」とは思えないですよね。

古くてラベルが汚れたバランタインが、実はものすごいお宝かも。興味はなくても、一度は査定を受けてみる価値はありそうです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP