体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名物はクラフトビールと店員さんの○○! これぞ“劇場型”レストラン「驛の食卓」【横浜】

f:id:Meshi2_Writer:20161004075034j:plain

教えたいような、教えたくないような

新麦の季節がやって参りました。「オクトーバー・フェスト」とも呼ばれ、あちこちでビール祭りの行われる季節ですが、皆さん、ビール飲んでますかー! ビールが飲めれば、たいていのことは、や・り・きれるー!

さて、そんなビールの新年に、『メシ通』読者の皆さんに教えたいような、教えたくないような、なんとも悩ましいビアレストランを見つけましたので、意を決してご紹介いたします。

f:id:Meshi2_Writer:20161004075052j:plain

やってきたのは、横浜

f:id:Meshi2_Writer:20160929134751j:plain

JR桜木町を出て南へ向かい、大岡川にかかる弁天橋を渡って歩くこと1分。左手に見えますのが、ビアレストラン「驛(うまや)の食卓」です。

f:id:Meshi2_Writer:20161004075426j:plain

店内に入るとまず迎えてくれるのはハムの燻製とビールの醸造場。

ハマっ子に愛されている「横浜ビール」の直営店で、1階で実際にビールを作っているのです。

f:id:Meshi2_Writer:20161012090516j:plain

平日水曜の夜にもかかわらず、1階のテラス席から、約120席という2階のフロア、別室のパーティールームまで、カップルや会社の同僚風の男女、団体さんでにぎわっていました。

自慢の地ビールとワカメ

まずはビールでしょ!

f:id:Meshi2_Writer:20161004075855j:plain

事前にお話をうかがっていた大月勝晃店長おすすめの、新麦で作られた「瀬谷の小麦ビール」(800円)を注文。

うーん、飲みやすい! 後味がさらりとしていて、香りが良いです。

なんでも、横浜市内にある瀬谷地区の農家、岩﨑良一さんがお店との付き合いを通して作るようになった小麦で仕込んでおり、このほどインターナショナルビアコンペティションで銅賞を受賞したそう。今年の小麦は、初めてお店のスタッフも種まきから麦踏み、収穫、精麦までの全工程お手伝いに参加した、特別な新麦のようです。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。