ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

種まきや水やりなど、家庭菜園を全自動化する「FarmBot」。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、
いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。

ところがどっこい。

家庭菜園は自動化できるのだ!
ひみつ道具みたいな設備がすでに販売されている。

畑仕事は、ロボットにおまかせ。

FarmBot」は、畑を管理するロボットと、その動きをPCやスマホで設定して自動化できるシステム。

どこに何を植えるかをドラッグ&ドロップで選ぶ。
同じエリアに違う種類の野菜があっても、問題なく個別に管理できる。

種を植えたり、土の湿度を測って適量の水をあげたり。
設定通りに面倒をみてくれる。

スマホやタブレットでも管理可能。

雑草をカメラで検知し、土の中に押し込んで埋めてしまうことも。
農薬を必要最小限の量で使うのもアリ。
アームの先端部も、目的に合わせて自動で切り替えられる。

設備は、アルミ・ステンレス・スチール・プラスチックで作られていて雨にも強い。ビニーハウスの中でも使える。

電力はソーラーパネルからも得られる。

インターフェースがわかりやすく、
オープンソースだからデザインは自由。
CADデータもすべて公開されているので、
自分でシステムやパーツを改良できる。

正確な、家庭菜園。

「FarmBot」のサイズは1.5m x 3m。日本からは送料込み・$3,450ドル(約38万円)で購入できる。もしも、一家に一台持つような日がやってくれば、食料自給率が上がるよね…なんて意見も出ているみたいだ。Reference:FarmBot

関連記事リンク(外部サイト)

世界各地にある「自家菜園を持つホテル」10軒
失敗しない「室内菜園」。買ってきたハーブ苗をそのままポン
【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」がオシャレ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP