ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミドー直営コーナーが小田急百貨店新宿店にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスの時計ブランド・ミドーは、小田急百貨店新宿店の5階にある時計売場にて、ミドー直営コーナーを11月23日(水・祝)にオープン。エレガントな定番品からスポーティラインまで、豊富な商品を取り揃える。

1918年、ジョージ シャレンがスイスで設立したミドーは、スイスジュラ渓谷の麓のル ロックルが本拠地。控えめな美しさ、信頼性、そして機能性を融合させた時計を目指している。“時を超えること、それは真実のデザインの証”という信念を持ち、流行に影響されず、高精度な機械式時計を、一世紀にわたって世に送り出している。

今回、ニューオープンフェアを12月20日(火)まで開催。小田急新宿店先行販売商品として、1934年に誕生した「マルチフォートシリーズ」の2016年新作アドベンチャー(ブラック)を先行販売する。

「マルチフォート アドベンチャー M025.407.36.061.00」(11万6640円)は、ブラックPVD加工SSケースやレザーストラップを採用した高級感が漂う時計。先行販売期間は11月23日(水・祝)~12月27日(火)。

ミドーの名を広めるきっかけとなった「マルチフォートシリーズ」が登場するフェアに、乞うご期待!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP