ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水カン×冨田ラボ対談、コムアイが焦った訳

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。11月23日(水)のオンエアでは「必殺! 仕事人の館」のコーナーに、冨田ラボこと冨田恵一さんが登場しました!

冨田さんは、音楽プロデューサー・作曲家・編曲家として、キリンジ、松任谷由実、中島美嘉など、さまざまなアーティストをプロデュース。11月30日にリリースされる冨田ラボの5枚目のオリジナルアルバム「SUPERFINE」で、水曜日のカンパネラは「冨田魚店 feat. コムアイ」という曲で参加しています。

冨田さんからオファーがきていると知ったとき、「まだ私はJ-POPを始めたばかりなのに」と、コムアイは驚いたそうですが、冨田さんは40〜50曲ほどのさまざまなアーティストの曲を聴いた中から、印象に残ったアーティストに声をかけたのだとか。そしてコムアイは、冨田さんに曲をもらったときのことについて…

コムアイ:冨田さんの曲って、「夕方に郊外のコンクリートの壁に夕日が射している絵画」のイメージだったんです。でも、いただいた曲はそれとは全く違う感じの曲でした。
冨田:事前に音源を送ろうとして間に合わなかったから、その場で聴いてもらったけど、コムアイさんの顔から血の気が引いていくのが分かりました(笑)。
コムアイ:「めちゃくちゃ複雑な曲だなー」って思って。
冨田:でも曲の説明したら、顔が晴れたような感じになったから「良かった」と思って。
コムアイ:冨田さんのアドバイスが、分かりやすかったから(笑)。

その後、すぐに仮歌を録ったそうですが、コムアイの飲みこみの早さに冨田さんは驚いたとか。

冨田:その場で聴いて、きちんと歌ってたよね。
コムアイ:私、ちゃんと歌えてました? でも「ハナモゲラ語」みたいなのを歌うのは楽しいんです。冨田さんのレコーディングに参加して思ったのは、冨田さんはディレクションが本当にうまくて心地良いんです。メロディと違ったところがあっても、本人のプライドを傷つけないように、すぐには言わないんです。私も気づいていて、それを直そうとしていることにも気づいているから。もしも、気づいていないようだったら、やんわりと言ってくれるっていう。
冨田:早めに言っちゃうと、そこを意識しすぎてしまうからね。
コムアイ:冨田さんはボーッとしているように見えて、バッチリのタイミングで言ってくれるんです。
冨田:(笑)。

まさに、「仕事人」といった冨田さんの仕事術でした。冨田さんには引き続き残っていただき、今回の「SPARK BOX」は、リスナーから寄せられた曲を一緒に聴いていただくなど、濃厚な1時間となりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 深夜1時ー2時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP