ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷vs松山vs錦織 肉体激突&モテ男のNo.1は誰か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の若いプロスポーツ選手が世界からこんなに注目されたことがあっただろうか。大谷翔平(22)は侍ジャパンの強化試合での超特大ホームランでメジャーのスカウトの度肝を抜き、米ツアーから凱旋したゴルフの松山英樹(24)はこの1か月で3勝、テニスの錦織圭(26)はATPファイナルで全米OP王者を撃破──異なる種目で光り輝く3人。

 では“最強”は誰か。たとえば松山は「米ツアー本格参戦3年目で、シーズンを乗り切る体力も身に付いて成績が安定してきた」(担当記者)と評価が高い。

 それに比べると、大谷の体力は未知数。今季も右手のマメを潰して打者に専念する期間があった。

「二刀流で大活躍の印象が強いが、投手、野手どちらも規定(投球回、打席)に達していない。メジャーでは中4日で投げる162試合のシーズンが終わった後、先発はポストシーズンに中3日で登板することもある。本当に大谷が乗り切れるのかわからない」(マネジメント会社関係者)

 テニスも12月のオフを除き日程はほぼ満杯。錦織は月に2試合のペースでツアーを転戦してきたが、気になるのは錦織のキャリアにはケガが多いことだ。

 ツアー初優勝した2008年には腹筋を痛めウィンブルドンの1回戦を途中棄権。翌年には右ひじの故障でシーズンを棒に振り、その後もケガによる棄権が少なくない。今年も全英の4回戦を脇腹痛で途中棄権した。

「ライバルたちも圭の強さ、巧さを認めながらも、身体的な脆さを弱点に挙げています。178cm、75kgとトッププレーヤーの中では最も小柄な体には、相当な無理がかかっていると思われます」(ツアー関係者)

 体格で見ると松山は181cm、90kg、大谷は193cm、92kgと恵まれている。では、仮に3人の肉体がぶつかりあったら“最強”は誰か。格闘技ライターの橋本宗洋氏に聞いてみた。

「何でもありの総合格闘技なら、二刀流の大谷選手が向いているのではないか。立ち技も寝技も必要で、それこそ二刀流の順応性が活きる。上背があって手足のリーチが長いのも有利です。

 パンチ力は下半身の強さとフットワークの良さのある錦織選手でしょう。また、闘いには物怖じしない精神力も重要。その点では世界の舞台を多く経験している錦織・松山両選手が一日の長があるでしょうか」

 最後に気になる女性人気はどうか。

「大谷は甘いマスクで人気がありそうですが、入団4年目なのに寮暮らし。とにかく球団の監視が厳しくて合コンにも行けず、女性の扱いには慣れていない。

 松山も東北福祉大ゴルフ部時代の同学年の女子部員と噂になったことがあるくらい。先月の日本オープンの練習ラウンドの時にはその女子部員と大学時代の監督を交えて楽しそうに話していた姿が目撃されていますが、他に浮いた話はほとんどないので女性へのアプローチは上手くないのでは。

 その点、錦織はスポーツ選手からモデルまで何度も週刊誌ネタになっている。あのちょっとたどたどしい感じが女心をくすぐるのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 これからもより一層の切磋琢磨を3人が繰り広げてくれることが、すべての日本人の願いである。

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
大谷vs松山vs錦織 一番稼げない競技を選んだのは大谷
錦織圭と福原愛の復縁 「100%ないでしょう」と関係者証言
松山英樹 ロレックスとのスポンサー契約でブランド力絶大

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP