ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栗原健太 広島市民球場最後のHRは「初めて狙って打った」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島が25年ぶりにリーグ優勝を果たした今シーズン。かつてチームの低迷期を支えた4番打者・栗原健太(34)が、人知れずバットを置いた。

「広島が優勝したことは素直に嬉しかったけど、“なんで俺がそこにいないの?”って寂しさはありました。そういう星の下に生まれたのかな(笑い)」

 2000年代の広島で右の大砲として君臨し、2008年にはキャリアハイの103打点を記録。今年、16年間過ごした広島を自由契約となり、楽天にテスト入団したが、一軍出場は叶わないまま現役引退を決めた。

「来季は楽天の二軍の打撃コーチとして、僕が教わってきたことを若手に伝えます。広島時代の2008年、それまで4番を務めた新井(貴浩)さんが阪神に移籍し、その抜けた穴を埋めるために練習に明け暮れました。4番として2年連続フル出場しましたが、おかげで右肘がボロボロに。当時、左手の人差し指も骨折していたけど出続けた(笑い)」

 この頃に何試合か休んでいれば、現役生活は延びたかもしれない。だが当時、その選択肢はなかった。

「僕は、若手に試合に出続けることの大事さをこれからも説いていきます。若い頃に前田(智徳)さんに“レギュラー選手は試合に出続けることが重要だ”と教えられたのです。一般企業でも重役は会社を休まないでしょ? 4番はいつもそこにいなければいけない。チームのためお客さんのため、そしてプロとして自分の体よりも試合に出ることを優先すべき、ということを僕は実践してきました」

 その教えの成果か、広島の歴史に「栗原」の名前は刻み込まれている。広島市民球場での最後のホームラン打者であり、マツダスタジアムの最初のホームラン打者でもある。忘れられない1球を選ぶとしたら、前者だという。

「市民球場でのラストゲーム(2008年9月28日)の2日前から、絶対にホームランを打ちたいと思っていました。5回、相手投手の2球目、野球人生で初めて狙って打ったホームランでした。一方のマツダスタジアムの方はたまたま入っただけ。左中間スタンドの椅子は赤一色なのですが、僕の打球が当たった椅子だけ緑になった。歴史に名を残しています(笑い)」

 念願のWBCにも出場した。2009年3月、侍ジャパンの村田修一が怪我をしたため、急遽アメリカに飛び準決勝から参戦することになった。

「チームに貢献はできませんでしたが、原辰徳監督がミーティングで“お前さんたち”という言葉を本当に使った時は武者震いしました(笑い)。国を背負ってプレーすることの緊張感と責任感は良い経験になりました」

 今後は、経験の全てを若手育成に還元していくという。

【プロフィール】くりはら・けんた/1982年山形県生まれ。2000年、日大山形高からドラフト3位で広島に入団。2016年に移籍。ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞3回。通算成績は3695打数1082安打、打率.293、打点586、本塁打153。

撮影■西田航

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
神宮の広島最終戦で前田智・宮本を愛した両ファンからエール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP