ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバ記者 被災地ペットのための募金に「割り合う?」と疑問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性セブンのアラ還名物記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中の不条理に鋭くメスを入れる! 今回は、街頭募金の話題です。

 * * *
「親族で5000万円集め、1億5000万円足りない」。36才の女が、天使のようにかわいい甥の写真を見せながら、その子の心臓移植手術の募金を呼びかけ、11月8日に記者会見した場所が厚生労働省。

 自慢じゃないけど、私、真っ先に騙されたわ。だから、「住宅ローンを払いたかった」と認めたと知ると、腹が立つなんてもんじゃない。

 だいたい、会見が紺のブレザーで、バレたら家でラフなパーカっていうのも、ひとをバカにしてるじゃないの! 詐欺未遂の片棒を担がされた厚生労働省の関係者も、何か言ってよ。

◆いくら集めて、何に使ってもカラスの勝手

 で、怒りにまかせて、募金活動の手続きをネットで調べたら…知らなかったわ。駅の構内や道路を使うなら、駅や警察に届け出が必要になる場合もあるけど、募金の目的は問われないんだって。いくら集めて、何に使ってもカラスの勝手。当然、募金マナーなんか二の次、三の次よ。

 あれは2000年、三宅島の噴火で、全島民が島外へ避難して、2005年に避難指示が解除されるまでの4年数か月の間のこと。大きな交差点の信号にいつも、募金箱を持った20代から30代はじめの若者が数人、張り付いていたの。

 最初は、「三宅島の避難民に募金をお願いしま~す」と募金箱を差し出されたら百円玉をいくつか、箱の中に入れていたのよ。だけど、ある日見たら小銭がない。でも千円札は出したくない。

 それで財布をバッグにしまって、「お金がないから」と信号を渡ろうとしたら、「100円も?」と聞く。「50円も?」。後を追いかけてきた男を振り切って、信号を渡り切ったと思ったら、「オバさん、ほんとうかよ」ってこう言ったんだよ。

◆寒空の下、他人のために街に立つ“正義“の人

 で、ここのところ、よく見かけるのは災害で飼い主を失った犬と猫のための募金。しばらく前のこと。かなりくたびれた印象の若者に声をかけられたの。犬猫の写真が目に入り、ちょっと心が動いたんで、「福島からわざわざ東京へ?」と聞いたわけ。そしたら、「はい。ボランティアです」。「東京へ交通費をかけてきて割が合うの?」と聞くと、「集団生活していますから」。

 それにしちゃ福島なまりがないのはどういうこと。お隣の茨城県出身の私は、北関東なまりにはうるさいよ。

 ああ、言い出したら止まんないわ。これから年末にかけて、街は募金の季節。毎冬の風物詩だけど、募金箱をさげている人と目が合うと後悔するんだよね。

 寒空の下、他人のためにお金を集める“正義”の人は、「あなたが人であるなら、私たちの活動に賛同して当然」と言わんばかり。

 その誇らしげな、人を見下したような態度にカチンとくるのは私だけかしら。で、震災だろうがペットだろうが見なかったこと、聞こえなかったふりでいきなりの小走り。何もしなくても年の暮れはくたびれるはずだわ。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
泉ピン子 収録現場に募金箱を置いて誰が入れるかをチェック
林マヤ 500円玉貯金を始めたきっかけは1億円の借金抱えたこと
日本ユニセフの募金者から「これじゃユ偽フだ」との批判殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP