ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外山滋比古氏の提言 「墜落してもいいから飛行機になれ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バブル前の1988年に発売されて、今なおベストセラーであり続ける驚異の書籍がある。お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古氏による『思考の整理学』(ちくま文庫)だ。111刷211万部を達成している。中高年サラリーマンから東大、京大の学生にまで、読まれ続ける理由はどこにあるのか。そんな同書のエッセンスを紹介しよう。

 外山氏が徹底してこだわるのは、「自分の頭で考える力」の育成だ。

 外山氏は、人間を自力で飛び上がることのできない「グライダー型」と、自力で飛行できるエンジンを備える「飛行機型」に大別する。これまで日本の学校は、教師が手取り足取り生徒に知識を詰め込むばかりで、生徒が自分の頭で考える訓練を疎かにしていた。その結果、他人に引っ張られて飛ぶ「グライダー型」ばかりになり、自分の力で飛べる「飛行機型」は育たなかったと外山氏はいう。

「僕が本に書いたのは、“墜落してもいいから飛行機になれ”ということです。グライダー型人間はモノマネが得意だけれど、新しい事態や時代の変化に対応できません。しかも現在は30年前よりはるかに時代が進み、学校で学んだ知識がより通用しなくなった。

 人工知能(AI)やITなどが発達した今こそ、他人に引っ張ってもらって飛ぶグライダー型人間ではなく、自力で自分のめざす場所まで飛べる飛行機型人間が求められています」

「自力で飛ぶ」とは、「自分の頭で考える」ことである。意外にも外山氏は、「そのために知識や記憶力は必要ない」と指摘する。

「日本の教育は知識を詰め込み、忘れないことを求めるけど、それは大間違いです。知識や記憶が豊富だとつい頼ってしまい、自分の頭で考えることが少なくなります。知識や記憶があるがゆえ、それにとらわれてしまい、自分で飛ぶことができなくなるんです」

 自分の頭で考えるため肝心なことは、むしろ「忘れる」ことだと外山氏は語る。

「自力で考えるには、『忘却』が必要です。忘れてしまえば知識や記憶に助けてもらえないから、頭で考えざるを得ません。忘れっぽい人ほど実は独創的で面白いことを考え出します。忘れることが大事だなんて、普通の学校教育ではいわないでしょうけどね(苦笑)」

 たとえば松下幸之助や本田宗一郎は下手な知識がなく、何事も自分の頭で考えたから成功したのだと外山氏は指摘する。

 現在のように情報過多の時代こそ、「忘れる力」で思考を整理することが大事だと続ける。

「不必要な情報が脳を占拠していれば、自力で考える妨げになります。余計なことはどんどん忘れて頭をすっきりさせれば、思わぬアイデアが浮かぶものです。『忘れる力』は、コンピューターにはなく、人間だけが持つ大切な能力です。忘れることで脳の新陳代謝をはかる必要があります」

 思考を整理するには、声を出すことも有効だ。外山氏は、積極的な「おしゃべり」を勧める。

「沈思黙考していても袋小路に入り込むばかりです。時には声を出すことも大切です。その時は、同業者同士ではなく、理系と文系、販売と庶務など、畑違いの人と話をしましょう。自分が知らない分野のことを聞けば脳が刺激されて思わぬ化学反応が起き、新しい発想が浮かぶかもしれません。おしゃべりに必要なのは『調和』ではなく『混乱』なのです」(外山氏)

 外山氏の思考力は93歳になった今も衰えない。この先、中高年が思考を整理して、よりよく生きるにはどうすべきか。最後に外山氏に尋ねてみた。

「最もいいのはおしゃべりすることです。高齢者が認知症になるきっかけは言語不足です。ケンカする相手がいればボケないけど、独りきりで声を出さないと脳は衰えます。人間は話す言葉で思考しています。話し言葉を大事にすれば、人間力が高まり、頭が良くなり、仕事もできるようになる。いろいろな経歴を持つ人たちと集い、話をすることでお互いに刺激しあって、考える力が増す。そうした経験を土台にすれば、新しい人生だって作れますよ」

 そう笑いながら93歳の外山氏はしゃべり続ける。『思考の整理学』がいかに人生を豊かにするか、外山氏の姿が物語っている。

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
「忘れること=悪」の常識を覆す「上手な忘れ方」を教える本
『思考の整理学』著者「知識が増えるほど思考は弱体化する」
「日本はモノマネ中国と同じになるのか」と外山滋比古氏危惧

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP