ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上沼恵美子 TV局廊下では両側に花道作り関係者がお辞儀

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近頃、関西のテレビ業界は、上沼恵美子(61才)の女帝ぶりに悲鳴を上げているのだという。その女帝ぶりがいかんなく発揮されるのは、収録でテレビ局に入る時だと芸能関係者が語る。

「毎回、局入りする上沼さんを5人以上のスタッフがお出迎え。万が一遅れたらエラいことになるので、マネジャーと連絡を取って到着の10分前から局の前でスタンバイします。出迎えが少ないと嫌味を言われるし、かといって誰でもいいわけではなく、彼女のお気に入りのスタッフで固めなければならない。

 ある在阪のテレビ局では、節電のため4基のエレベーターのうち一部を動かさないようにしているのですが、上沼さんが来る日はすべて稼働させるそうです。彼女を待たせて機嫌が悪くなったら困るからなんですって」

 エレベーターを降りた上沼は、スタッフを引き連れて楽屋に入る。楽屋からスタジオに向かう廊下には、スタッフが総出となって長い花道を作るという。

「両脇に並んだスタッフは、大名行列に出くわした農民のように深く頭を垂れています。その花道を上沼さんとプロデューサーが関係者を引き連れて闊歩していく。急いでいても上沼さんを追い抜くと“打ち首”です。万一出くわしたら花道に加わって頭を下げ、一行が通り過ぎるのをひたすら待つしかない。笑い話じゃないんですよ、コレが」(前出・芸能関係者)

 なぜ、かような事態になってしまったのか。ある在阪テレビ局のプロデューサーがため息交じりにこう語る。

「島田紳助さん(60才)が引退し、やしきたかじんさん(享年64)が亡くなった今、関西のテレビ界では、上沼さんに物申す人がいないんです。実際に数字を持っているかたではありますし、彼女なしでは成り立たない部分もある。あの人が増長していったのは、上沼さん級の数字を持つスターMCを見つけ出せずにいる私たち在阪テレビマンの責任なのです」

 一方で別のテレビプロデューサーは、上沼が功労者であることを認めながらも、最近は“裸の王様”になっていると指摘する。

「『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)も放送回によっては視聴率が低い時もあります。でもスタッフは機嫌を損ねることを怖れて、上沼さんに本当の視聴率を伝えられず、ウソの数字を伝えて喜ばせているんです。メチャクチャですよ。こんないびつな体制が長く続くわけがない」

 現状、上沼に意見できるのはコネで『快傑』の構成作家に起用された次男(32才)だけだが、肉親同士であるがゆえに、真剣な仕事のぶつかり合いは望めないという。

 今や在阪テレビマンの期待を一身に背負うのは、明石家さんま(61才)1人となっている。

「さんまさんが関西に戻って来てくれたら、事態は改善されると思います。彼と上沼さんとは犬猿といわれてきましたし、6月に『さんまのまんま』で22年ぶりに共演した時も、現場は超ピリピリムードでした。どこかでひと言、“ええ加減にしてください”と言ってくれたら、上沼さんも少しは自分を省みたり…しないかなぁ」(別のテレビ関係者)

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
上沼恵美子、溺愛するキンコン梶原にロレックスを購入
大物司会者続々降板で上沼恵美子「最後までやったる」と奮起
長男と次男がW結婚の上沼恵美子 テレビ界は嫁姑ネタに期待

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP