ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寒い冬もポカポカ!2016年トレンド鍋3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今日は東京都心でも初雪が降り、お鍋が恋しい季節になった。外は寒くても心身ともにあたたかくなれるのがお鍋の良いところ。そこで今回は、2016~17年のトレンド鍋を3つ紹介しよう。定番系から激辛系まで、鍋好きはもちろん、女子会でも使えそうな刺激的な鍋が大集合だ。


1.「チムチュム」
老舗タイ料理レストラン「エラワン 新宿東口店」で食べられる、タイ東北地方のローカル鍋。溶き卵を付けた肉を、レモングラスやバイマックル、生姜、パクチーなどで仕上げたチキンスープに入れ、火が通ったら、レモンナンプラーソースに付けて食べる。爽やかでありながら、見た目以上の旨味やコクを感じる、食べてビックリの新感覚鍋だ。料金は、1人前3500円(税別・注文は2人前から)。この店での販売期間は11月30日(水)までなので、気になったら早速行ってみよう!


2.「激辛 カムジャタン風 韓国鍋」
激辛系も昨年から引き続いてトレンドだ。これは、韓国唐辛子を鍋一面にたっぷり盛り付けた、見た目にも刺激的な激辛しびれ鍋。韓国の国民的人気の鍋「カムジャタン」をベースにアレンジ。出汁には数種類の唐辛子を使い、メイン具材に牛テールを加えてある。渋谷の「あくとり代官 鍋之進」で食べられ、料金は1人前1580円(注文は2人前から)。激辛好なら、ぜひチャレンジしてみたい。


3.「海鮮鍋しゃぶ」
1回で2種類の味が楽しめる、オトク感満載のハイブリッド鍋も今シーズンのトレンド。バネバグース赤坂見附店で食べられるこの鍋は、海鮮たっぷり鍋の後に、豚しゃぶしゃぶも楽しめるのがポイントだ。海鮮エキスが染み出た出汁で食べる「豚しゃぶしゃぶ」は、普通の豚しゃぶとは一味違う奥深い味わいが。

さらにこのお店では、鍋を食べるシチュエーションにもこだわり満載。「こたつテラス鍋プラン」があり、清々しい冬の夜空の下でアツアツお鍋が楽しめる。海鮮鍋しゃぶプランは、料理8品2時間飲み放題で、5600円(税抜)/1名。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP