ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スノードーム美術館」でロマンチックなクリスマスプレゼントを探してきた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんスノードームはご存知ですか? ガラス製の容器の中にミニチュアの模型などが入っていて、振るとキラキラとしたラメが舞うあの置き物。観光地などでよくおみやげとして販売されているので、きっと知っている方も多いと思います。

そんな観光地のおみやげの印象が強いスノードームですが、実は東京に様々な種類のスノードームを展示している美術館があるんです。実は神保町はお洒落雑貨だらけだった!自由が丘の「ポパイカメラ」はこんなとこ!鎌倉・藤沢でのんびりアートめぐりの旅

世田谷ものづくり学校の中にある美術館

東京都世田谷区池尻にある「世田谷ものづくり学校」。廃校となってしまった旧池尻中学校舎を活用し、クリエイターやデザイナーの方へオフィスとして教室を貸し出ししています。

実際にものづくりを体験する事ができる様々なワークショップや展示会なども頻繁に行われており、一般の方でも校舎内に入る事が可能です。スノードーム美術館もそんな世田谷ものづくり学校の校舎内にあります。

約4,000個ものスノードームを展示

校舎内に入り廊下を進むと、1階の奥にスノードーム美術館があります。窓ガラスから中の様子を伺う事ができ、更に窓ガラスのところにもスノードームがところ狭しと置かれているのが分かります。

扉が閉まっているので少々中に入るのに緊張しますが、ご自由にお入りくださいの言葉を信じて扉を開けてみましょう。

扉を開けると目に飛び込んできたのは大量のスノードーム。壁際にところ狭しと綺麗に並べられています。こちらに置かれているスノードームはアメリカ、カナダ、ドイツ、オーストリアなど色々な国で作られたものだそうです。

スノードームというと天使や動物などのメルヘンなものや、おみやげやさんに置いてあるご当地名物のフィギュアなどが入ったものを想像していましたが、なんとアニメのキャラクターのスノードームもありました。ファンにはたまらないですね。

スノードームにもビンテージが存在するのを初めて知りました。こちらもコレクターにはたまらないですね。スノードーム美術館では、スノードームの展示だけではなく販売も行っております。

クリスマスモチーフのかわいいスノードームがたくさん

スノードーム美術館にはクリスマスモチーフのスノードームもたくさん展示、販売されています。オルゴールがついているものや、電池式でスイッチを入れるとドームの中が光りラメが舞い続けるもの、ドームの中の家や街灯のフィギュアに光りが灯るものなど、実に様々です。

スノードームとは「一瞬を切り取った世界」

スノードーム美術館の方から色々お話しを伺っていると、彼女への贈り物としてスノードームを購入していく方など、大切な人への贈り物としてスノードームはとても人気があるそうです。また、「スノードームは一瞬を切り取った世界、だからこそ見るたびに思いが蘇る」というとても素敵なお話を伺う事ができました。

オリジナルのスノードーム作りを体験できる

スノードーム美術館では定期的にオリジナルのスノードーム作りを体験できるワークショップを開催しています。材料はすべて用意されているので、気軽に参加する事が可能です。写真やモチーフなど使いたいものがある場合は持ち込む事もできるので、世界にひとつしかないオリジナルのスノードームを作成できます。

自分用にスノードームを作成する方もいらっしゃいますが、それと同じぐらい多いのが贈り物として作成する方です。お孫さんがお婆様へお誕生日プレゼントとして、新婚のご夫婦がお互いにプレゼントとして作成されるなど、ワークショップはとても人気があります。

相手の事を思い浮かべながら作る世界にたったひとつのスノードーム。とても素敵ですよね。そんな温かい気持ちのこもったスノードームは、贈った側も受け取った側も幸せな気持ちになれそうですね。

クリスマスプレゼントにおすすめ

いかがでしたか? 色々な物語、色々な思いがつまったスノードーム。大切な人への贈り物として、自分自身の宝物として、ぜひスノードーム美術館でぜひお気に入りのスノードームを見つけてみてはいかがでしょうか。

スノードーム美術館東京都世田谷区池尻2-4-5-109号営業時間:11時〜17時公式HPはこちら

スノードームの魅力を再認識

スノードームというと旅行先のおみやげのイメージが強かった私。ですが、今回スノードーム美術館に行きお話しを伺って、スノードーム一つ一つに物語があり、スノードームとはその一瞬を切り取った世界だという言葉に感動! 近々ワークショップに参加しようとひそかに企んでいます。「スノードーム美術館」でロマンチックなクリスマスプレゼントを探してきた!

関連記事リンク(外部サイト)

丸の内イルミネーションは2016年もロマンチック!順路など詳しくご紹介!
「マクロビスイーツ」とは?美味しくてヘルシーな東京都内マクロビカフェ巡り!
埼玉・能仁寺には、有名人が多数訪れる変わった経歴の住職がいる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP